HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省中お世話になったマンガ紹介

基本的に俺の部屋(下宿先)には
現在も連載が続いている
現在進行形のマンガがおいてあります。


そして、地元の部屋には
連載終了したマンガが置いてあるというわけですが


今回は、そんな不朽の名作を紹介したいと
思います。


スカイハイ
 説明は不要化と思いますが、映画化したりドラマ化したり
 した名作です。ポルノグラフィティや、hyde、GLAYが
 主題歌歌ったりもしました。
 

 内容は、不慮の事故で死んだ者
 ①死を受け入れ転生する
 ②誰か一人呪い殺して地獄へ行く
 ③地縛霊として永遠に彷徨う

 という、3つの選択をするというもの。


 初期のスカイハイは死者の復讐ってかんじの
 ホラーっぽい話が多かったですが
 

 だんだんと、死者の無念を晴らして成仏していく
 みたいな話が多くなってきています。

 
 作者は、現代・様々な事件・事故による
 被害者への同調・加害者への怒り から
 死者が復讐するという話を書き始めた
 らしいのですが、確かに昨今
 ニュースをみても痛ましい事件ばかりで
 こんなスカイハイのような悲劇が
 現実にある問題だと考えると
 なんか考えさせられるものがありますよねえ





湘南純愛組
 シリアスなマンガから一変して
 ヤンキーモノのマンガです
 ご存知、GTOの鬼塚英吉の高校時代の話です。
 
 
 GTOでも鬼塚は、最高の男っぷりを
 見せてくれますが、
 この湘南純愛組でも
 鬼塚の漢っぷりは健在です。


 GTOしか読んだことない人にゼヒ
 読んでみることをオススメしますね~


 GTOで登場する悪徳警官の
 冴島がヤラレキャラだったり
 脇役気味の龍二が英吉並にカッコよかったり
 GTOで鬼塚が死に掛けた時、夢の中に出てきた
 謎の男の正体がわかったりと


 GTOを読む上での理解が深まったりして
 いちだんと面白くなると思います。




うしおととら
 ご存知、からくりサーカスを描いてる
 藤田和日郎さんの前作です。
 からくりサーカスが最高なワケですが、
 前作のこの「うしおととら」も最高です。


 話は妖怪退治の槍「獣の槍」を持って自分の母親の
 秘密を知るために、大妖怪の「とら」と
 旅をする主人公「うしお」の話。


 藤田さん得意の圧倒的迫力の戦闘
 物語の伏線脇役にも感動のストーリー
 物語の完成度
 どれもバッチリです。


 かなりオススメです。


 ちなみにアシスタントも豪華!!


 「烈火の炎」の安西信行
 「金色のガッシュ」の雷句誠
 「美鳥の日々」の井上和郎
などなど、


 みんな藤田和日郎さんのもとで
 「うしおととら」のアシスタントから
 メジャーデビューしていったのです。


 まさに不朽の名作だす。
 



烈火の炎
 その藤田和日郎のもとでアシスタントし
 烈火の炎で人気漫画家となった
 安西信行さんの作品です。


 1巻と最終巻では登場人物がまるで別人
 ちょっと幽遊白書っぽい
 などなど、思うことは多々ありますが


 ストーリーが
 特に最後の天堂地獄編が泣けます


 ええええ??!!!???! マジかよっ!!!!!
 って思わせておいて、
 あの返し方は見事だったと思います


 個人的に、俺が持っているマンガの
 いろんな最終回がある中で、
 一番好きな終わり方です。






まだまだ、色んなマンガがあるんですが
これが、今回帰省したときに読破した
マンガでした~~


また皆さんも興味をもたれたら
古本屋で立ち読みするなりしてください(爆)


では今日はこれにて 

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/47-0b2bbfd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。