HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画紹介

久々の漫画紹介です
今回はこの4つ!!




バガボンド 22巻





作者
  井上雄彦


ストーリー
  剣豪宮本武蔵の半生を軸に、江戸時代に
  移行する激動の転換期の武士や浪人の生き様や
  死に様、”生きる”とは何かを戦いを通して描き出す。

  吉川英治の小説『宮本武蔵』が原作となっているが、
  佐々木小次郎が聾唖者(ろうあしゃ)であったりと
  キャラクターや物語には井上独自のアレンジが
  加えられている。


22巻は
  この巻は、ついに因縁の吉岡一門との戦い
  始まります!当主の「清十郎」と、その弟の
  「伝七郎」との決闘へ・・・!!
  なつかしの祇園藤次も出てきます。
  巻の最後では、ついに武蔵と小次郎が邂逅!?
  又八は、どんどん泥沼にはまっていってます(汗)






ゴッドハンド輝 27巻






作者
  山本航暉


ストーリー
  ゴッドハンド(名医)である父の息子、真東輝が主人公で、
  様々な患者や医者と接して成長していく話。
  「ブラックジャックによろしく」や「医龍」のように
  現代の医学の問題点を取り上げるようなものではなくて、
  少年誌連載らしい読みやすく、読み応えのある作品。
  謎解き要素もあり、様々なキャラクターの個性や、
  ライバルの出現など、たいへん面白いです


27巻は
  ゴッドハンド(名医)への高みを目指す
  輝は心臓手術に必要不可欠な
  外科医のスキル、「縫合」の練習をつんでいく
  心房中隔欠損症の手術を成功させ、
  病だけではなく、患者の人生も治していく・・・
  ちなみにまだまだ、四瑛会(敵)との決着
  つきません(汗)






Get Backers 34巻




作者
  青木祐夜・綾峰欄人


ストーリー
  美堂蛮と天野銀二の二人はGet Backersという名で、
  依頼人に依頼を受け、依頼人が盗られたものを
  取り返す奪還屋をしている。
  そして、様々な依頼から、敵と戦い、
  様々な謎解きをしていく、とっても謎多き
  格闘系漫画。
  最近はどんどん絵が緻密になっている・・・。
  そしてどんどん技が人間離れしている・・・。


34巻は
  無限城のシステムが複雑すぎて、
  もはや人間の動きじゃなくなって
  よく理解しながら読まないとワケ分からなく
  なる恐れがありますね・・・。
  この漫画は難しい!!
  しかし、初代Get Backersの戦いや
  蛮VS夏彦、そして銀二VS雪彦
  いい組み合わせの戦いっぷりです。






からくりサーカス 41巻





作者
  藤田和日郎


ストーリー
  人を笑わせないと凄まじい苦しみをうける奇病。
  ゾナハ病・・・。そんな病をおった加藤鳴海は
  中国拳法の使い手。ある日、才賀勝という少年を
  助けるコトを通じ謎の人物「しろがね」と出会う。
  そして、それからパリに渡った鳴海は自律的に
  活動し人間を襲う「自動人形(オートマータ)」と
  遭遇。実はゾナハ病を世界にばら撒いているのは
  自動人形だと知った鳴海は自動人形と戦うことを
  決意する。
  ・・・とまあコレが序盤のストーリーなわけです
  が、中盤、後半とまたストーリーが発展
  展開します・・・深いです。


41巻は
  前巻の40巻では、表紙がコロンビーヌ、
  そして、そのコロンビーヌは・・・(号泣)
  http://yaplog.jp/iiyudana1001/archive/117
  (↑参照)
  ってなカンジだったわけで、
  そして今回の表紙は
  主人公・鳴海とも付き合いの長く
  強くて、カッコイイ・・・
  おそらく読者にも人気のあるであろう
  ギイ
  

  まっ・・・まさかギイがっ??!!!


  ・・・おそるおそる読んでみると
  やっぱり(号泣)

  
  しかし、クールなギイらしい
  見事な・・・それはもう
  カッコよすぎな・・・


  あれ?・・・
  ・・・涙が止まらないぜ
  チクショー



  名作っすわ、コレ・・・。
  男泣きですたい!!


  これほどまでに完成度の高い
  長編作品
はなかなか無いっすよ・・・

  

この記事に対するコメント


少路さん>
藤田和日郎さんの前作
 『うしおととら』も熱いっすよ!
藤田さんの作るキャラには脇役にも
 熱さとカッコよさがあって素敵だす!


 ブログ開通しましたか、またおじゃまするとしますよ
【2006/02/28 23:20】 URL | アガペー #- [編集]


うおー!俺も泣いたぜぇ。藤田和日郎の書く漫画は暑すぎる!毎週サンデーを立ち読みしてるぜ。
今度語り合うか?

追記:やっとこさブログを作りました。ヨロシク。
【2006/02/27 01:30】 URL | 少路 #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/37-b6752022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。