HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめ…?いや、ランラン!!

ランランのニューアルバムを買いました。

ラン・ラン ライブ イン ウィーンラン・ラン ライブ イン ウィーン
(2010/08/25)
ラン・ラン

商品詳細を見る



■収録曲
Disc01
 ベートーヴェン:ピアノソナタ第3番ハ長調Op.2
 ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」ヘ短調op.57

Disc02
 アルベニス:“イベリア”第1巻
 プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番変ロ長調Op.83
 ショパン:練習曲Op.25-1
 ショパン:ポロネーズ第6番「英雄」変イ長調Op.53
 ショパン:ワルツ第2番「華麗なる円舞曲」イ長調Op.34-1

ボーナストラック
 ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92ピアノソロ版(リスト編曲)第1楽章より



ボーナストラックを見てもらうとわかると思いますが、
ベートーヴェンの交響曲第7番第1楽章はドラマ版のだめの主題歌です。


で、なんでランランが弾いてるのかというと、
映画版のだめのピアノ演奏はランランが全て弾いているからで、


映画で使用されたピアノ音源はすべてランランが提供しています(たしか)


それで、このボーナストラックは日本の顧客向けに特別に収録されたというわけです




そしてそして、
日本版を購入するとこんなものがついてきます・・・!!

IMG_0241.jpg


ままままま・・・まさか・・・
左の男はランランだというのかッ!!

ちょっとイケメンすぎ


冊子がついていることは買ってパッケージを開いてから気づいたのですが
第一声はなんじゃあこりゃあッ!!!でした(笑)



中身を読んでみると、映画版のだめの舞台裏が知れて
ちょっぴり得した気分です。




演奏の方はというと、


一種の“かたさ”を求められる古典派ベートーヴェンはちょっぴり
ランランには合ってないかなという印象・・・


ランラン“らしさ”が爆発したのは
アンコールのショパンですねぇ~


プロコフィエフのソナタの熱演で会場のボルテージが
上がった感じでしたが


お得意のショパンがアンコールで披露され、
会場はさらに興奮の渦にのみこまれたようです!


やはりランランはショパンやリストといった
煌びやかな曲が合っていますね


特に英雄ポロネーズでは指がまわるまわる・・・
すごいハジけてます!!


たしかにコレを聴いたら映画プロデューサーも
ランランを起用したくなるよなぁ・・・


興味のある方はぜひ一聴を
CDでより良い音質でお楽しみいただけますよ




あいかわらず
よく飛び、よく跳ねますねぇ・・・

この記事に対するコメント


>水戸さん
 書き直し乙!!
 まぁ今となったら面白かったからよかったけれども
 ほかのやつと行くときは気を付けたまえよ!
【2010/10/11 23:19】 URL | アガペー #- [編集]


私の咳を思い出す。
【2010/10/04 20:46】 URL | 水戸 #- [編集]


私の咳を思い出すv-7
【2010/10/04 20:45】 URL | 水戸 #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/341-2765f921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。