HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き表せない感謝の言葉

我らがサークルの集大成である
定期演奏会が無事終了いたしました!


われわれ4回生としましてはこれが最後の演奏会!
今年の曲はやりがいのある曲ばかりで
気合十分、


このメンバーと歌うのも最後、
この曲集を歌うのもこれが最後


ということでせめて悔いは残さぬよう
全力で臨み、清清しい気分で終えられるようにしよう


そう思って演奏会をむかえました




まず校歌




簡単なようでなかなか上手くきまらない
アカペラ曲であるから一旦制御を失うと恐ろしいことになります


練習では疾走してみたり、転調してみたり・・・
冷静に歌うことが課題でしたが
さて、客席へはどう聞こえましたでしょうかね


そして1ステ


木下牧子さんの「光と風をつれて」という曲集ですが
この曲集は素直なメロディーと理解しやすい詩で描かれていて
けっこう好きな曲集です


しかし一番感じたのは、指揮者のセレブさんが
上手くなったなぁ~
ということです


もともとピアノをやっていて
音楽的センスは持ってらっしゃるので
飲み込みが早いんでしょうな


この一年で立派な指揮者にならせられたと
感じましたよ、ええ。


来年がまた楽しみですね~
俺はもういないわけだけれども


そして2ステ
このステージは
少年少女合唱団との合同ステージだったわけですが


結論からいいますと



子供達が可愛いすぎた




―以上!!!






で、3ステですが





・・・ってさすがにこれだけでは
味気ないので他にも付け足すと




松尾先生がカッコよすぎた!!!




―以上!!!







はい、嘘です。まだ終わりません


正直に書きますと最初、
今回の松尾先生のレパが


「中学生や高校生が歌うような曲をやる」
って聞いてわたしゃ


そりゃあもう、がっかりしましたよ


例年、松尾先生の曲は
難しくて、やりがいがあって
そして何よりカッコよくって
(そしてシャウトポイントが多数あって)


それはそれは感動的なステージの連続でした



それが・・・それが・・・
子供と一緒に平和な曲をまったり歌うだけなんて





シャウトができないッ!!!!




などと嘆き悲しんでいたわけですが・・・




ところがどっこい



本番はなんとも温かい雰囲気!!



「手紙」という曲の時には
観客のみなさんも一緒に手拍子をしてくれて


あれは嬉しかったなぁ~


すごくみんなが幸せな気分になっていくのが
感じられて




あぁ・・・たまには癒し系もいいかな・・・




・・・と思ってみたりもしたのでした(笑)


ちなみに来る3月17日にある
正真正銘最後の演奏会である
フェアウェルコンサート
松尾先生が1曲アツいやつを振ってくださることになったので
大変楽しみです!!!
(シャウト的な意味で)




今度こそ3ステ


ですが、
この曲集は・・・また・・・大変難しいッ!!!!


たとえるなら
じっくりことこと煮込んだおでんのように
時間をかけて味をしみこませて
はじめて美味しく召し上がれる
大器晩成型(?)の曲です


この暴れ馬の統制を任せられた
指揮の大熊猫さんは本当に大変だったと思う
ご苦労様でした!!


暴れ馬なもんで
気を抜いたらどんどん速くなる、どんどん統制がきかなくなる・・・


そしてその魔の手は
伴奏者であらせられるにらもやし大先生のもとへ・・・!!


にらもやし大先生・・・


ほんとうにありがとうございました・・・!!!




ワタクシ、にらもやし大先生の弾かれる信長作品の
大ファンでして


1回生のときに聴いた曲集「思い出すために」の
カッコよさときたら、
そりゃあもう流血モノでした。
(鼻血的な意味で)


感銘をうけた信長作品で始まり
そして信長作品で終わるという幸せをかみ締めながら
歌っておりました・・・


みんな2ステが感動的だったといいますが
僕にとっての一番感動的なステージは
3ステでした。


本当にありがとうございました。




最後にアンコール


アンコールは2曲、
松尾先生の「瞳そらさずに」と
大熊猫さんの「一詩人の最後の歌」



例年、アンコールには在団生が昔歌ったことのある
お古の曲をやるものですが、


在団生はまだ歌ったことのない
一詩人の最後の歌という大曲をアンコールに
添えて


デザートを頼んだらステーキが出てきた


って感じの選曲ですが、
それはメディのみんな(おもに男が)が
この曲が大好きだからというわけで


ぶっちゃけ自分もかなり好きな曲です。


「季節へのまなざし」の次ぐらいに
やってみたいとおもっていた曲だったので


こうして演奏会を振り返ってみると
すごいいい選曲であったり
すばらしい指導者の先生方であったり
かわいらしい共演者に恵まれたり


なによりこの演奏会をつくってくれた
仲間のことを思うと


本当に感謝で一杯です
本当に幸せな4年間でした


本当に今までありがとう

この記事に対するコメント


>おかやん
 おかやんと一緒にメディを
 見学にいってから4年が経ったということかな

 あっという間だった気がするけど
 あの時と比べてみんな確かに上手くなったし大人になったよ!
【2008/12/14 21:07】 URL | アガペー #- [編集]


なんか集大成って感じなんやろうね。

いやー、良かった良かった。
【2008/12/14 18:34】 URL | おかやん #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/276-48f4b805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。