HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラトリアム人間

進路ひとつ確保しました。
これでプー太郎という最悪のシナリオだけは
回避したというわけです・・・


進学です。
院です。


以前ユージに
「てめぇ、文型のクセに院とかナメてんのか?!
ぜってぇまだ遊びたいだけだろ!」


とか言われましたが
そうならぬよう
後ろ指さされないよう
いま少しモラトリアムさせていただきますよ・・・



ちなみに母校の院ではありません。
東海です。
名古屋です。


これでようやく関西とおさらばできます。


や、本音言うと
母校の方が内容としては充実しているんですが


いかんせん私立で高い。
名古屋にいけば学費は3分の1です。
これはデカい。


来年は弟も大学生ということで
家の出費も増えるだろうし
まぁ国立かなぁ・・・


というカンジです。


試験は
1次筆記と2次面接だったのですが


1次筆記は
大嫌いな英語がありまして、


辞書持ち込み可(電子辞書は負荷)で
英長文をひたすら和訳
していくという内容・・・


英語なんてここ数年全くやってなかったワタクシ・・・



2時間の試験時間中8割方
単語を辞書で調べてました。



紙の辞書を使うのなんて高校以来で
「え~と『J』はABCDEFGHIJ・・・
Iの次か・・・で、つぎは『P』だから
KLMNOP・・・Oの次
あれ?ないぞ・・・」
なんてやってるぐらいの超低速っぷり!


で、和訳も日本語として可笑しな文、
さらに時間切れで途中強制終了


これはダメだろ!!


と思ったらなぜか通ってました不思議。


多分専門科目の方で稼いだんだろうなぁと
思っていたら


面接で


面接官A「キミ、専門科目に比べてずいぶん
      英語の得点が悪かったようだけど?」


面接官B(何やら書類をみて「うわぁ・・・」って顔をする)



きっとワンダフルな点数だったんでしょうねぇ


面接官は3名で
右の先生は質問に対する回答が食い違うこと少々で
若干お怒りのご様子


真ん中の先生は第一志望指導教員で
英語の成績を気にして不安げなご様子


左の先生はたしかホームページに載ってた
ボス的存在だったような気が・・・
で、するどい質問をビシッ!! バシィ!!・・・と
筆記試験でちょっぴり分からなくて
ごまかしごまかし、それっぽく解答したところが
あったのですが


そこを再度質問してこられまして


こんなこともあろうかと
前夜に筆記試験の復習
しておいたので
難を逃れましたが、


回答に
「うん、そうだね。」


と納得しておられたので、これが
英語の穴を多少すくってもらえたかな・・・と


これらの経験を踏まえまして
これから大学院受験を考えてる人にアドバイスを


1.筆記試験は専門科目、外国語科目
 バランス良く解答しましょう。
 (俺みたく一方特化は危険か)


2.筆記試験が終わっても口述試験で
 再び聞かれることもあるので復習しておこう。
 (怪しいことを書いた場合は特に)


3.出願書類に対してつっこまれるので
 出願書類はコピーしておこう。
 (出願書類、特に研究計画・提出論文についての質問が
 ほとんど)


4.面接で聞かれる内容は
 「なぜ大学院進学か?」
 「なぜ志望教員を私に選んだのか?」
 「(他大学受験の場合は)なぜこの学校の院か?」
 「大学時代はどの先生のゼミに所属していたか?」
 「そこで何を研究したのか?」
 「ひきつづき大学院ではどのようなことを研究したいか?」
 「事前提出した研究計画・提出論文に対するつっこんだ質問」(メイン)
 「英語はどの程度できるか?」
 「進路についての予定は?」
 「1次試験の感想、さらに突っ込んだ質問」
 など。
 事前に質問に対する答えを想定しておきましょう。
 だいたい30分ぐらいでした。


5.面接は焦らず冷静に堂々と、しかし真摯に礼儀正しく。



こんなところでしょうかねぇ
院を受ける後輩の参考になれば幸いです。





さて、話題が突然かわりますが、
来週は関西合唱コンクールです。


うちのサークルもでます。
見所はやはり、にらもやし大先生の威風堂々たる
ピアノ演奏っぷりですかねぇ~


暇な方はぜひとも足を運んでくださるとうれしいです。




これは課題曲。
この音源よりテンポは速く歌います。


さて、こちらの方の合否はどうなるかな・・・?

この記事に対するコメント


>Yoneさん
 名古屋ずまいかなぁ~
 実家から通えんこともないから分からんけど・・・

 
 ナゴヤドームも近いし、行き放題だね
 ドームでバイトしたら中日戦も見放題だしね
 (そんな暇があるかはおいといて)
 また縁があったらその時はよろしく! 
【2008/10/08 22:14】 URL | アガペー #- [編集]


来年から名古屋住まいですか?
もしそうなら、僕もアガペーさんと同じく来年から名古屋住まいになるので、また一緒にナゴヤドームにでも行きたいですね。

僕も名古屋大学に行きたかったですww
【2008/10/08 21:54】 URL | Yone #7GbfXwbs [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/261-35d723ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。