HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

か…買っちまった…(ピアニスト紹介も兼ねて…)

前々から欲しくて欲し~くてたまらなかった
ベートーヴェン・ピアノソナタ全集
買いました・・・。


ベートーヴェンのピアノソナタは
ピアノの新約聖書と言われるように
まさにバイブルなのですよ!!


ベートーヴェン信者にしてみりゃぁ
これを買うことは
メッカに巡礼に行くような大行事
なワケですよ!!


しかし


全集ともなると結構な買い物になります
なんせ32曲も入ってますからねぇ・・・


演奏者選びにもそりゃ~慎重になります。
なんせバイブルですから


ロック歌手みても多種多様、
それぞれ個性があるように


演奏者の個性も十人十色。
同じ曲弾いても・・・
いや、同じ曲だからこそ
全然違います!!


有名なベートーヴェン弾きは
バックハウス
ケンプ
グルダ
ブレンデル

あたりなのですが


それぞれ全集は出しているのですが
どの人の全集を買おうものか迷います・・・




【バックハウス】
バックハウスはベートーヴェン弾きの王道
鍵盤の獅子王の異名をもち
スケールのでかい、正統派
でも俺としては正統派すぎてつまらない
んだよねぇ・・・
録音も古いし(モノラルはちょっと・・・)


【ケンプ】
ケンプはテクニックよりもしっとり優しく
聴かせるってカンジのお人。
ベートーヴェンの醍醐味はダイナミックな
男らしさだと俺は考えているので
・・・う~ん・・・どうだろう・・・?


【グルダ】
彼はなかなかの変人です。
マスコミに自分が死んだという情報を流して
マスコミが騒ぎ始めた数日後に
「生き返った」という設定で
復活コンサートをやってます(?!)
演奏は疾風怒濤と言われ勢いが
あるけど深くはないといわれます。


【ブレンデル】
ブレンデルは楽譜に忠実で模範的演奏とされます
ベートーヴェンはアツい曲が多いので
必要以上に盛り上がって弾く演奏家が
多いなか、冷静的確に弾く正統派らしいです
う~ん手本にはいいかもしれんが
俺はアツいのが好きなんだぁ!!!




ってなカンジでどれも一長一短あって
選びにくい・・・!!
この中だと・・・ケンプかなぁ?


探りを更に入れますと・・・


おっ・・・アシュケナージのも
あるじゃん!!




【アシュケナージ】
ご存知、N響の音楽監督。
現在指揮者として主に活動してますが
ピアニストとしても超一流で
第5回ショパンコンクールで2位受賞!!


なんだ。1位じゃないのかと思ったでしょう?


予選から話題となって1位確実視
されていたアシュケナージが2位になったのは
ソ連・ポーランド間の政治的背景・因縁が
原因
だったと言われています。
アシュケナージはソ連出身ですからね・・・
不服とした審査員が
審査結果にサインしなかったというのは、
今でも有名な伝説になっています。


演奏の方は多種多様なピアノ曲を弾き
磨きぬかれた輝かしい音色、
ニュアンスに富んだ表現力、
優れた音楽性、
筋のよい安定したテクニックと
バランスの取れたピアニストです


しかし迫力に欠けるとか
技術的に不完全なところがあるとも
言われます。






あぁ~アシュケナージも
全集出してるのか~


以前アシュケナージの弾くベートーヴェン
聴いたことがありますが、
なかなか良かったので、アシュケナージに
しようかな・・・と思って
Amazonをみると・・・




¥21,306 (税込)




・・・


高ぇぇええええっ!!!


もうちょっとなんとかならねぇ~のかよ・・・


そう思って今度はHMVで検索してみると




おっ・・・


グルダの全集が安い・・・


ピアノソナタ全部
さらに
ピアノ協奏曲も全部付いて



¥4,990!!!!



・・・何この違いは?
お財布とのご相談でグルダの全集を買いました


アシュケナージが良かったんだが・・・


っていうかHMVの方がCD安いよ・・・。


そして今日届いたってワケですが
なかなかいいよ。
グルダ!!


・・・変人だけどね・・・


なるほど、確かに疾風怒涛
多少荒くて
オイ!!もっと「歌って」くれよ・・・
と思う部分はあるものの
力強いベートーヴェンには向いてる
感じです。


しかし録音が1968年と結構古く、
音がイマイチ鮮明じゃないっすねぇ・・・
(使用ピアノがスタインウェイじゃなくて
ベーゼンドルファーだからかなぁ?)

でもまぁ許容範囲内だす。
協奏曲の方もカッコイイし!


やっぱり皇帝協奏曲はカッコええわ!


明日聴きながら選曲会議行きたいと
思います♪

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/25-5943fb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。