HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋03 マキシム/モスクワ・フィルハーモニー交響楽団編

京都府立大、仲道郁代につづきまして
クラシックコンサートに行こう!!
第三弾!!!!



今回はマキシム&モスクワフィル!! 




そっして・・・曲目は
そう、リストのピアノ協奏曲ですよ!!


もう、全ピアノ協奏曲中でマイベストは
グリーグかコレかでゆらぎまくりなぐらい


いい作品なのですよ~




そんな作品をプロオケで
しかもマキシムで聴けるってわけですから
こりゃあもう、たまらんばい!!!!


ってわけですな。




マキシムはクロアチア出身のピアニストです。
クラシックというよりも
クロスオーバーというジャンルを得意としてますね。


Kolibre
http://www.youtube.com/watch?v=0FmEhbiaUOI
↑はげしい系



exodus
http://www.youtube.com/watch?v=VrBZ0rGWXUk
↑しっとり系




これらの映像を見てお分かりのとおり
クロスオーバーとは
クラシカルなピアニズムに
現代っぽいビート溢れるサウンドを融合させたジャンルです


クラシック+ユーロビート+ロック÷3ってとこかな





そして、もうひとつ。






お気づきの通り、
マキシムはピアニストらしからぬファッション
モデル並ののあま~いフェイスをもっているので

220px-Maksim_piano.jpg



そりゃあもう、世界中の婦女子たちは
メロンメロンなわけですよ


そりゃあ俺ももし女だったら惚れただろうよ
いちいち動きがカッコよすぎですからねぇ・・・


2006年のトリノオリンピックでも
フィギアスケート女子シングルで
イリーナ・スルツカヤ
ショートプログラムの音楽に
マキシムの「死の舞踏」
(原曲はリストです)つかってましたねぇ~
http://www.youtube.com/watch?v=ug-cuewuQ_8


彼女もファンなのかな?





しかし、こういうビート溢れる感じのばっかりではなくて
クラシックなピアノも演奏してます。


それが今回コラボしたモスクワフィル。
今回はリストのピアコンですが、
去年はラフマニノフのピアコンも演奏していたらしいです。


ロンドンのロイヤルフィルともやっているらしく
単なる色モノアーティストではなくて
その実力は折り紙つきというわけです。




しかし・・・






女性が多いな・・・(笑)






なんかほんとにジャニーズのコンサート会場みたいに
女性がほとんど!! (行ったことないけど)


みんなマキシム目当てなんでしょう。




野郎が少ない・・・男子トイレめっちゃ空いてたんですけど
(まあいい事だけど)




さてさて、演奏内容のほうですが


①幻想曲「カマリンスカヤ」  (グリンカ)
②ピアノ協奏曲第1番      (リスト)
③ニューワールドコンチェルト (ドヴォルザーク)
④バレエ組曲「眠れる森の美女」(チャイコフスキー)



となっていますね
さすがは、ロシアのオケ。


グリンカは日本ではあまり聞かない名前ですが
近代ロシア音楽の父といわれ
ポロディンやムソルグスキー、リムスキー=コルサコフなどの
ロシア5人組と呼ばれる作曲家たちを生む源流をつくった人なのですよ


チャイコフスキーもロシアが生んだ大作曲家ですな


やっぱりロシア人作曲家の曲ははずせねぇ!!
ってことでしょう。


いやいや、とってもありがたいことですよ
なんせ本場の音が聞けるんですからね・・・どれどれ・・・?
















・・・・・・





















・・・・・・・・・・・・・




































あ・・・・



























あわわわわわわわわ!!!!!!!!!!!!!!!!!

























これはヤバい!!!!!!!!!
全然違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





今まで俺が聞いてきたオケは
・親父様のオケと
・浜松市のオケ
・親父様の出身である、名古屋大学のオケ
そして、この前の京都府立医科大


なんかが主たるものでしたが・・・













うん。親父様には悪いが




次元が違う!!!!!!!




やはり世界のレベルは桁がちがう。




誰一人間違った音を出してる人がいない。


誰もがみんな自信に溢れ、


なんとがっちりとした・・・それでいて美しく


メリハリがある。




特に金管が違う!!!


よく聴く「プフォ~」みたいな
放課後の音楽室から聞こえるような
気の抜けたような音なんかではない


しっかりと根をはった、堂々とした
上品な音色だ。
鮮明でよどみがない!!!!




打楽器も素晴しい!!!!


シンバルが、ティンパニーが違う!!!!


普通のオケだと脇役のように
後ろでコソコソやっている感じだけど、


全然違う、むしろ前面に這い出てくるような存在感!!!


すごい良いスパイスになってる!!
まさにショートケーキの
イチゴ的存在
!!!!


あぁ~もうすげぇ~


とにかくすげぇ・・・・




フィニッシュで「ジャンッ!!!」って感じで
終わるじゃないですか


それが、まるでピアノで弾いたかのように
正確な和音で残響が残るんですよ~




誰一人間違った音を出してるやつはいないってことですよ
一糸乱れずってやつです


これがプロか・・・




たしかに、河川敷でやってる草野球と
ドームでやってるプロ野球ぐらい
スケールがちがった・・・!!!


恐れ入りました。




マキシムも最高すぎで
オケも最高すぎ。


観客みんなスタンディング
オーベーション
でしたよ
(そりゃそうだ)




あぁ~大満足じゃぁ・・・






しかし、ビビったのは演奏会後・・・






サインの列に並ぶ
女人女人女人・・・・・・




9割ぐらいが女人・・・





さすがやなぁ・・・と思いながら
俺も並ばせてもらいましたよ

061029_210421.jpg



サインGet!!!!


着々とコレクションを増やしてるなぁ・・・




CDをカバンにしまい、後ろをみると
マキシムに群がる女人たち




写真を撮ろうと試みている人と


笑顔で
「写真撮影は一切
お断りしております」

とプレッシャーをかける役員のおねいさんの
攻防が続いていました・・・




かと思えば、
書いてもらった自分の
マキシムのサインを

ぼー・・・


っと眺めている女人もいたり・・・






なんて恐ろしい男前なんだ!!


演奏中のマキシム、たしかにやたらカッコよかったしな


特に、
オールバックで登場

激しい演奏によって前髪がたれてくる

それを演奏の合間にさりげなく、
coolにかきあげる・・・





・・・という
計算づくされた
フェロモンビームMAXな攻撃





かかかかかか・・・かっこぇぇぇぇぇぇ!!!!!!


危うく俺も落ちかけたぜ(笑)
男前のみにゆるされる行為ですな。


ブ男がやったら間違いなく
非難の嵐にさらされることでしょう




やっぱり、
ただの男前ではなく


出来る男前・・・
中身のある男前・・・





・・・俺もそんなピアノ弾きになりたいぜ!!


まぁ1000回生まれ変わっても
無理だろうケド

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/tb.php/135-1d0b6185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。