HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ成功?!

皆様は覚えているだろうか・・・


それは、2008年7月10日のこと・・・

http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/blog-entry-251.html


「ベランダで家庭菜園を!」と意気込んだ私は
100円ショップで安上がりに道具を仕入れ、なんとなくトマト栽培を始めたのであった






その結果は・・・・!!








猛暑によりトマト様ミイラにッ・・・!!!




ベランダのコンクリートは裸足で乗ったら火傷するのではないか・・・?!
と思うほどに熱くなり
直射日光は燦燦ギラギラと降り注ぎ、洗濯物も30分も干せば乾いてしまうという状況でありました。



そんな、砂漠のような状況であんな保水力のない小さなポットで育つはずもなく・・・
大惨敗でありました・・・




あれから4年・・・・



この暑さに打ち克つすべを身につけたため
再びベランダ栽培にチャレンジ!!!!





そう、その名は養液栽培です!!!!



小学生のころ、ヒヤシンスでやったでしょ?
早い話、あれの応用編ですよ!!!



この栽培方法の良いところは
①水不足に悩まされる夏のベランダでもたっぷりの水で栽培できるから、水不足の心配がない!
②肥料を直接カルピスのように決められた量を水に溶かして使うので、施肥技術のない初心者でも間違いがない!



そして何より
③土耕栽培と違い、植物の生長に必要な水と養分が効率よく吸収できるため、成長スピードがはやい!


この3点につきます!


百聞は一見にしかずということで成長の様子をごらんに入れましょう

2012052015380000.jpg


こちらは植えたばかりの様子。
ほんの1ヶ月前のことです。


そしてこれが現在の様子!

2012062309520000.jpg


朝顔とゴーヤの花が咲いています。

2012062309500000.jpg


これだけ茂っていてもゴーヤも朝顔も植えた苗は1本づつです!!
実に養液栽培が効率の良い栽培方法だということが分かります。

2012062309510000.jpg


こちら根の様子

白いのはカビじゃあありません、根毛です。

白くて健康的な根が鉢中にあふれ、微細な根毛もよく観察でき、
水と養分を効率よく吸っている様子がよく分かります。




ちなみに、この鉢ぱっと見は普通の土耕栽培のようですが
れっきとした水耕栽培です。

2012062309500001.jpg


写真で見えている荒い石つぶの底の方には養液がたっぷり6リットルも入っています!


そして、この水色のウキが水位計になっていて養液の残量が一目で分かります。
日曜日に満タンにしておけば、次の日曜までもちます。


養液で常に満たされているので、毎週末の養液の追加以外することは無いです
毎日水やりをしなくていいし、水やりのタイミングはウキを見れば良いので
実にお手軽で効率が良いです。



このように、ここまでの成長は順調
このハイテク鉢はトマトの栽培も可能なので、次回は真のリベンジをしてみようかな・・・


ゴーヤの方も、夏の収穫が楽しみです!!!


ちなみに、養液栽培のイメージがわかない方、
興味をもっていただいた方はこちらをどうぞ




養液栽培セットも楽天市場などで売っているので
ぜひ挑戦してみてね!
(動画のようなヒヤシンスの発展型のようなお手軽なものから、植物工場さながらに電源を使ったものまで色々あります)
スポンサーサイト

OB/OGステージ申し込みしたぜ!!

KKRの招待状封筒一式の中に、今年のメディの合同ステージの
参加申込書が入っていたのでエントリーしておいたぜ!!!


演奏する曲目は、「混声合唱とピアノのための組曲「雨ニモマケズ」弦楽合奏版」

1曲目:告別(1)


2曲目:告別(2)


4曲目:雨ニモマケズ




在団生、OB/OG、弦楽隊という編成となります。
これはかなり大規模なステージになりますね。


楽しみ、楽しみ。




ちなみに練習は8月26日(日)から12月9日まで(日)
12回の練習(基本的に衣笠キャンパス)があるようです。

ジャムおじさん

職場からイチゴのおすそわけをいただく!


ビニール袋に入れてそろ~りそろ~り持って帰ったつもりであったが、
家に戻って袋を開けてみるとこれが結構傷んでる!!


このままでは保存がきかないので
少し食べて残りはジャムにすることにした!

IMG_0970.jpg


朝飯のパンに塗るジャムがなかったんで丁度ええわい




ジャムは出来たてがうまいと聞くのでちょっとなめてみる・・・





う・・・






うまい・・・!!



せっかくなので、ロシアンティーにしてリッチな気分を演出!

IMG_0977.jpg


うまうま・・・


ちなみに、ロシアでは紅茶にジャムを投入するのではなくて
舐めながら飲むらしいですね・・・


どうでもいいか・・・


うまうま・・・

†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。