HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学を語るぺダント

この俺の人からの印象の一つに
マンガ好きという面があるでしょう。


ちょっと俺のコレクションの数を数えてみました・・・




バガボンド・・・29冊
天上天下・・・・19冊
Fate/stay night・・・7冊
School Rumble・・・22冊
華麗なる食卓・・・30冊
ひぐらしのなく頃にシリーズ・・・24冊
真月譚・月姫・・・6冊
ピューと吹く!ジャガー・・・15冊
ピアノの森・・・15冊
蒼天の拳・・・19冊
ハヤテのごとく!・・・17冊
のだめカンタービレ・・・21冊
スティール・ボール・ラン・・・16冊
ゴッドハンド輝・・・44冊
デトロイト・メタル・シティ・・・6冊
医龍・・・18冊
喧嘩商売・・・13冊
ZET MAN・・・11冊
新約「巨人の星」花形・・・11冊
エア・ギア・・・23冊
CLAYMORE・・・15冊
ブラックジャックによろしくシリーズ・・・18冊
Drコトー診療所・・・22冊
月光条例・・・3冊
フルメタルパニックシリーズ・・・18冊
ラブやん・・・10冊
猿ロック・・・19冊
からくりサーカス・・・43冊
女子大生家庭教師濱中アイ・・・6冊
最終兵器彼女・・・7冊
DEATH NOTE・・・12冊
海猿・・・12冊
新世紀エヴァンゲリオン・・・11冊
るろうに剣心・・・28冊
エムゼロ・・・10冊





おおう、ジャスト600冊・・・




どうりで本棚がいっぱいで収納する場所がないはずだ・・・




しかも実家に帰ればまだまだコレクションはあるわけで
全部あわせると1000冊超えるのでは・・・


・・・う~む、友達が家に来るとマンガ喫茶と化すワケだぜ






しかし、「趣味は何ですか?」
と聞かれて


素直に「読書です!」


・・・と言うのは何とも気まずい点があるのですね
マンガ愛好者としては!




俺だって
「最近読んだ本はなんですか?」



・・・と聞かれて
著名な文学の名の一つや二つ挙げてやりたい!!!!






・・・しかし、ごらんの通り
絵付きの読み物に慣れまくったこの体では


字ばかりの長~い読み物は耐えられんッ!!!!
拷問だッ!!!!




・・・何か上手い方法はないものか・・・




そう考えていましたところ・・・



マンガで読破!シリーズという
名作文学を漫画化したシリーズを発見!!!!




これだッ!!俺の求めていたものはッ!!!!



・・・というワケで早速購読。

2008122317580001.jpg


左から
人間失格/太宰治
斜陽/太宰治
こころ/夏目漱石
明暗/夏目漱石
蟹工船/小林多喜二
羅生門/芥川龍之介
学問のすすめ/夏目漱石
武士道/新渡戸稲造
舞姫/森鴎外
堕落論・白痴/坂口安吾
ドグラ・マグラ/夢野久作
銀河鉄道の夜/宮沢賢治
破戒/島崎藤村


罪と罰/ドストエフスキー
悪霊/ドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟/ドストエフスキー
戦争と平和/トルストイ
赤と黒/スタンダール
新曲/ダンテ
君主論/マキアヴェッリ
わが闘争/ヒトラー
ツァラトゥストラかく語りき/ニーチェ
資本論/マルクス
夜間飛行/サン=テグジュペリ
変身/カフカ
ファウスト/ゲーテ
リア王/シェイクスピア



まだ読んでないのもあるんですが


う~ん、やっぱり絵があると読みやすいし
印象によく残るね!


中学の教科書に載っていた
こころをまず買ったんですが、


初めて物語の全ストーリーを読んで
また印象深い作品になりました。


で、こころのマンガ化作品が良かったので
他の作品も一気に集めて読んでみました。




で、
どうやら俺は日本文学より西洋文学派
らしいってことがわかりました。




特に印象深く、気に入ったのは
ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟、罪と罰
スタンダールの赤と黒
シェイクスピアのリア王

ですかね~


基本的に名作文学といわれるものは
悲劇的なものが多いのですが
やっぱりそれゆえにドラマ性とメッセージ性が強い!


日本文学では
今話題の小林多喜二の蟹工船
夏目漱石のこころ
坂口安吾の堕落論・白痴
島崎藤村の破戒



が面白かったですねぇ~


西洋文学では貴族社会、
日本文学では大正ロマン的な趣があって
やはり現代モノでは味わえない珠玉の作品たちで
あるように思います。


いやぁ~買ってよかった。


読書は人の心を豊かにするといいますが、
これでまた一つ、俺の心も豊かになったように思います。


・・・というワケで
何がいいたいかといいますと。


俺と同じく活字が苦手だけど文学にはちょっぴり興味がある方、
オススメです!!




しかし、本物の文学マニアからしてみたら
せっかくの美しいレトリックがッ!!
そこから膨らまされる空想世界がッ!!
絵に固定化することで台無しだッ!!



・・・という意見もあるかもしれませんが


俺のモットーは広く浅くなので
その辺は目をつぶってください(笑)




ちなみに
死に至る病
レ・ミゼラブル
阿Q正伝
ドン・キホーテ



・・・が近日発売だそうです!!
スポンサーサイト

懐かしさにさそわれて

我々4回生にはとっても重要な季節となってまいりました




そう!!!!
卒業論文の作成ですッ!!!!




で、今日がゼミでの構想発表日だったわけですが
プロフェッサーからは「範囲広すぎ、絞れ」との
ありがたいお言葉を頂いて帰ってきたわけです。


テーマの設定は漠然と決まっていたものの
その内容についてはテーマの幅が広いため
どの範囲をかこうか?
どの程度まで掘り下げようか?
どのようなアプローチでせまろうか?


・・・などなどを考えていて全然今までまとまらなかった
わけです。




参考文献を色々あさりだしたのもまずかった・・・


著者が多種多様に色んなことを述べるので
色んな本を読めば読むほど焦点がぼやけていくという
状況に・・・




しかし、期限は今日までだったので
発奮してなんとか内容を設定しもっていったのですが・・・




いやいや、まだまだ問題は山積ですな・・・




サークルも終わったので残りの生活は学業に
身をささげることとしましょう。




さて



話題を変えまして



さきほど、近くのラーメン屋まで晩飯をいただきに
いってきたのですが


その帰り道、きまぐれでSPITZを聴きました。



中高生が大好き(という俺のイメージ)なスピッツですが、
かくいう俺も高校時代はよく登下校のバスのなかで
聴いていました。


カラオケでもよく歌ったものです・・・




え?今の俺の音楽的嗜好からは想像もつかないって?




いやぁ・・・わたしにもあったのですよ・・・
スピッツをカラオケで得意げに歌うピュアな時代が!




スピッツといえば
「空も飛べるはず」だとか
「ロビンソン」だとか
「チェリー」だとかがもっぱらスタンダードでしょうが




俺は
冷たい頬が好きでしたね~
(ベストアルバムをよく聴いていたので)




楓はGOTEAもイイッ!!
と言ってくれたのですが


冬の寒空の下、
久しぶりにあの優しく切ない
「さよ~な~ら~♪」というメロディーを聴いたらなんだか
懐かしいやら切ないやら
昔を思い出すやら、今のことを考えるやらで
胸にググッときましたね・・・。




それにしても、今カラオケでスピッツ歌ったら
もう上手には歌えないんだろうな・・・


俺の歌心はすっかり
ロック&メタルに汚染されてしまいましたよ・・・


スピッツのボーカルみたいな声を聴くと
「胆力ッ!!!! 腹から声だせッ!!!!」
・・・みたいなシャウトへの要請が湧き上がってしまって
もうファルセットっぽく歌うことができない(笑)




しかしまぁ、合唱はもう終わったし、
別にファルセットは邪道!!って暗黙の了解は
なくなったわけだ


今度カラオケに行ったら入れてみるかな・・・
スピッツ・・・


というわけで
だれかカラオケいこうぜ!!

書き表せない感謝の言葉

我らがサークルの集大成である
定期演奏会が無事終了いたしました!


われわれ4回生としましてはこれが最後の演奏会!
今年の曲はやりがいのある曲ばかりで
気合十分、


このメンバーと歌うのも最後、
この曲集を歌うのもこれが最後


ということでせめて悔いは残さぬよう
全力で臨み、清清しい気分で終えられるようにしよう


そう思って演奏会をむかえました




まず校歌




簡単なようでなかなか上手くきまらない
アカペラ曲であるから一旦制御を失うと恐ろしいことになります


練習では疾走してみたり、転調してみたり・・・
冷静に歌うことが課題でしたが
さて、客席へはどう聞こえましたでしょうかね


そして1ステ


木下牧子さんの「光と風をつれて」という曲集ですが
この曲集は素直なメロディーと理解しやすい詩で描かれていて
けっこう好きな曲集です


しかし一番感じたのは、指揮者のセレブさんが
上手くなったなぁ~
ということです


もともとピアノをやっていて
音楽的センスは持ってらっしゃるので
飲み込みが早いんでしょうな


この一年で立派な指揮者にならせられたと
感じましたよ、ええ。


来年がまた楽しみですね~
俺はもういないわけだけれども


そして2ステ
このステージは
少年少女合唱団との合同ステージだったわけですが


結論からいいますと



子供達が可愛いすぎた




―以上!!!






で、3ステですが





・・・ってさすがにこれだけでは
味気ないので他にも付け足すと




松尾先生がカッコよすぎた!!!




―以上!!!







はい、嘘です。まだ終わりません


正直に書きますと最初、
今回の松尾先生のレパが


「中学生や高校生が歌うような曲をやる」
って聞いてわたしゃ


そりゃあもう、がっかりしましたよ


例年、松尾先生の曲は
難しくて、やりがいがあって
そして何よりカッコよくって
(そしてシャウトポイントが多数あって)


それはそれは感動的なステージの連続でした



それが・・・それが・・・
子供と一緒に平和な曲をまったり歌うだけなんて





シャウトができないッ!!!!




などと嘆き悲しんでいたわけですが・・・




ところがどっこい



本番はなんとも温かい雰囲気!!



「手紙」という曲の時には
観客のみなさんも一緒に手拍子をしてくれて


あれは嬉しかったなぁ~


すごくみんなが幸せな気分になっていくのが
感じられて




あぁ・・・たまには癒し系もいいかな・・・




・・・と思ってみたりもしたのでした(笑)


ちなみに来る3月17日にある
正真正銘最後の演奏会である
フェアウェルコンサート
松尾先生が1曲アツいやつを振ってくださることになったので
大変楽しみです!!!
(シャウト的な意味で)




今度こそ3ステ


ですが、
この曲集は・・・また・・・大変難しいッ!!!!


たとえるなら
じっくりことこと煮込んだおでんのように
時間をかけて味をしみこませて
はじめて美味しく召し上がれる
大器晩成型(?)の曲です


この暴れ馬の統制を任せられた
指揮の大熊猫さんは本当に大変だったと思う
ご苦労様でした!!


暴れ馬なもんで
気を抜いたらどんどん速くなる、どんどん統制がきかなくなる・・・


そしてその魔の手は
伴奏者であらせられるにらもやし大先生のもとへ・・・!!


にらもやし大先生・・・


ほんとうにありがとうございました・・・!!!




ワタクシ、にらもやし大先生の弾かれる信長作品の
大ファンでして


1回生のときに聴いた曲集「思い出すために」の
カッコよさときたら、
そりゃあもう流血モノでした。
(鼻血的な意味で)


感銘をうけた信長作品で始まり
そして信長作品で終わるという幸せをかみ締めながら
歌っておりました・・・


みんな2ステが感動的だったといいますが
僕にとっての一番感動的なステージは
3ステでした。


本当にありがとうございました。




最後にアンコール


アンコールは2曲、
松尾先生の「瞳そらさずに」と
大熊猫さんの「一詩人の最後の歌」



例年、アンコールには在団生が昔歌ったことのある
お古の曲をやるものですが、


在団生はまだ歌ったことのない
一詩人の最後の歌という大曲をアンコールに
添えて


デザートを頼んだらステーキが出てきた


って感じの選曲ですが、
それはメディのみんな(おもに男が)が
この曲が大好きだからというわけで


ぶっちゃけ自分もかなり好きな曲です。


「季節へのまなざし」の次ぐらいに
やってみたいとおもっていた曲だったので


こうして演奏会を振り返ってみると
すごいいい選曲であったり
すばらしい指導者の先生方であったり
かわいらしい共演者に恵まれたり


なによりこの演奏会をつくってくれた
仲間のことを思うと


本当に感謝で一杯です
本当に幸せな4年間でした


本当に今までありがとう

今度はピアノだッ!

先日紹介したギターの動画は観ていただけましたかね?


いやぁ~世の中にはすんごい人がいるもんですね




ギターのことはちょっとわからなかったですか?


それじゃあ今度はピアノだッ!!





元ネタは東方projectという
シューティング(?)ゲームのBGMだそうです


短調+疾走+変拍子という俺の大好きな要素ばかりなので
俺自身あまりこのゲームのことは知らないのですが
かなり楽しめる演奏です!


ギターの人もでしたが、
この人も17分間ノンストップ+超絶技巧で
駆け巡ってます!!
(ピアノの全88鍵盤、すべて使用しているらしい)




おまけにこの人のブログによると
なかなかの美人さんらしい!!!
(↑ここ重要)


ひょ~
美人かつピアノ上手いときたら
そりゃあ世の男どもは誰だってメロンメロンでしょうよ


くやしいけど俺も何度この動画観て聴いて
惚れ惚れして、感動したことやら・・・




そういえばいよいよ来週の土曜日は
我々の定期演奏会ですが
自分達も観客を惚れ惚れさせるような
演奏をしたいものです!

†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。