HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブat豊田スタジアム9.14

毎年の夏の楽しみである
B'zのライブに行ってまいりました

GetAttachment.jpg


名物のツアートラック(上)と
豊田スタジアム(下)
・・・帰りは駅まで20分の道が1時間ちかくかかる混雑っぷり。
密集率90%以上だったね!あれは

GetAttachment2.jpg


今年はB'z20周年ということで
新旧のシングル曲・有名曲を集めた
赤ベスト


ファン投票上位30曲と新曲2曲を含んだ
青ベスト

が先日発売されまして、


どちらの盤にも特典にライブ映像が付いているのですね


B'zはなんでこんなに人気で
そして長続きするのか?

という疑問をB'zを知らない人は抱いていることでしょうけど
その答えは、この特典のライブ映像を観て頂ければ
納得できるかな



まあ理由を言えば、『ライブのクオリティ』が高いからです。


CD音源以上のクオリティがあって
それは稲葉さんのシャウトであったり
松本さんの美しいギターの音色であったり
外部から招聘する、あるいは古参のサポートメンバーの
パフォーマンスであったりします。


そして何より観客を煽るのが上手く
また、親しみやすいメロディーにのせて
会場全体が音楽と混然一体になります


その快感が忘れられなくて
またライブにくる
そのために新曲をチェックする
というサイクルが完成して
ここまで寿命の長いバンドになっているというわけです。


つまり、ライブの質が良いバンドは
流行り廃りに惑わされることなく
長生きするということですね。


まあ、百聞は一見にしかずということで
オススメのライブ映像をば
3分12秒のソロ以降の展開がまた・・・



CD録る時もこのクオリティで録ってほしいものです



・・・とまあ、自論なわけですが
来る10月06日22:00からの
NHKスペシャル

B'zの秘密に迫るドキュメントをやるそうです


NHKが特番を組むなんて珍しい・・・


さて、オレの自論はあたってるかな?


当のライブの方でしたが


稲葉さんも松本さんも
何歳になったんだ?!ってカンジですが
走り回る走り回る・・・!
ロックナンバーを休憩ナシで連続ぶっ続けで
何曲も続ける続ける・・・!


いやはや、まだまだ若いもんには負けない!
って感じですな。


元気をたくさんもらってきました!!


一緒に行ったユージのやつも
楽しんでくれたようで何より。


夏休みを締めくくる大きな思い出のひとつとなりましたね!!



青べストのライブ映像もかっこよす!!
先のニコニコの映像だったら5分30秒あたりの
ハイトーンシャウトをオレも出してみたいもんだ。


あ・・・カラオケに行きたくなってきたぞ。
だれか行きませう
スポンサーサイト

夏合宿、書きなぐり

大学4年生って
なんかこうドラマチックですよね~


中学や高校の進路決定の時に
「人生の大きな決断の時だな」
っていう感じは自分は
あまりしなかった


それはきっと自分や周りが
高校生になっても、
大学生になっても、
学生であることに変わりは無く
そんなに大きな環境の変化もないから
なんだろうけど、


大学4年生ともなると
卒業後は大多数が学生という
肩書きから卒業し、
進路という言葉が現実味を帯びてくるんでしょうね


今回、サークルの夏合宿
参加してきたんですが


毎年、4回生が
「もう引退だわ~」
みたいなことをちょっと哀愁を帯びて言ったりするのを
見てきたけど、自分の番になると
その気持ちがよく理解できるようになりますね。


後輩達を子供や孫を見るような親の気持ちに
近いんでしょうね


後輩達の活躍がとても眩しい合宿でありました。




さて、似合わないしみったれた話はここまで




その合宿にて、今年の演奏会でやる曲の練習を
開始するというわけですが


曲目は
信長貴富さんの「こいうた」
木下牧子さんの「光と風をつれて」

です。


2、3回生は個人的に
フラストレーションの溜まる選曲だったので(笑>


今回の「こいうた」は
シャウトポイントが多数存在するため
大変嬉しい限りです。


わかりやすく、親しみやすいメロディーに定評のある
信長さんですが、
「こいうた」は個人的にはあんまり印象に残るような
曲集ではないな~
という印象ですね、個人的には・・・


たぶん「思い出すために」や「新しい歌」の
インパクトが強すぎて相対的にってことなんだろうけど


なんか昔やった「宇宙の果物」っていう難解な曲に
近いものを感じる2曲目と5曲目です。


これからどう仕上げて完成度を高めていくのか楽しみですね。
特に5曲目は10月13日に行われるコンクール
自由曲に設定されているようなので、頑張らなければですね。
もちろんシャウト的な意味で


「光と風をつれて」は、
「こいうた」と比べてだいぶ楽という意味で嬉しいですね


しかし、シンプルながら
いや、メロディーも詩もシンプルゆえに


良く伝わります。
そういう意味で「こいうた」よりも
印象的です。個人的には


「秋のまんなかで」は「おーい」っていう呼びかけが
4部で美しくこだまするように引き継がれてキレイで


「雨」はちょっと憂いを秘めた静かな
ちょうど今の秋の雨に似合う雰囲気が出ていて
(ゲリラ豪雨除く)


「あいたくて」はユニゾンで強く会いたい気持ちが
伝わってきて


「はじまり」は力強く、光が駆け抜け
静かに、眩暈した~♪って継がれるところとか
風が駆け抜ける様子がピアノの上昇、下降で表現され
3拍子というノリのいいリズムで
何よりシャウトで終わるのがいい
(音域的には物足りないが)


こういう分かりやすい曲は好きですね
専門知識や技巧的な華やかさだけではなく
聴くだけで歌詞の世界がシンプルに理解でき
感じることができるような曲が


そう考えると、
特徴を異にする曲集を選んだということで
観客としてもだいぶ楽しめるステージに
なるんじゃあないだろうかと
勝手に思っていたりします。




ちなみに、合宿の宴会ですが
また燃えよドラゴンズ!


やらせてもらいました。
個人的には転調でコケたけど、
いい思い出ができました
ありがとう。

†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。