HEAVY METAL-JUSTICE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発寸前

ぐぉぁあああああああ!!!!!!!!


叫びてぇえええ!!!!!!!!


簿記検定までもう2週間切りましたよ!!


一応毎日図書館で勉強しております
週に二回京都のTACまで行って模試もやっております


簿記検定の合格点は70点
それ以下は当然、不合格


ぐぉおおおおおお!!!!!!!!!
ヤヴァイ!!!!!!!!!!!!


間に合うか?


いや、間に合うとも!!


むしろ、間に合わせる!!!!!!!!




しかし、机に向かうと
のび太現象(秒速で眠くなる)が!!!!


なんて勉強に不向きなんだ!!!!!!
この体は!!!!!


耐えるしかねぇ!!!!


簿記終わったら
叫びまくろう、うん。


・・・練習にもいけないことだし・・・
大丈夫か関混連・・・・(汗)
スポンサーサイト

及川浩治「不滅のベートーヴェン」

行って参りました
及川さんのコンサート2回目!!!


前回↓
http://iiyudana1001.blog42.fc2.com/blog-entry-30.html


今回はオール・ベートーヴェンプログラムということで
悲愴・熱情が聴ける!!!!!


非常に楽しみにいざ出発!!!!!




さっそくgoteaを迎えに行く

060528_113129.jpg



gotea「おまたせ~さぁいくべさ」




・・・・・・


なんか
かなり不審者に見えなくも無い格好だな・・・


まぁ、いいや。
なんだかんだで大阪、シンフォニーホールに
到着!!

5j1sh0008.jpg



でっかい並木道の奥にあるステキな建物☆
俺たちの座った席はこんな感じ



060528_135739.jpg



おおぅ!! コレはひょっとして
演奏する及川さんの手の動きが観察できるのでは!??


なかなか期待が高まります。




そして始まったコンサート――


01.ピアノソナタ第8番「悲愴」
重く圧し掛かる悲愴的序奏から始まる
暗い情熱を秘めた第1楽章


俺も今、コレを練習中だけど・・・
ヤベー・・・とても同じ曲とはおもえねぇ・・・


なにがこんなに違うんだろうねぇ・・・
ピアノ?


いやいや、楽器のせいにしているうちはまだ
半人前ですな。がんばります。


第2楽章は激しい第1楽章とは打って変わって
しっとりとカンタービレ(歌う様に)
第3楽章はロンド形式で力強く、優美に
悲愴のフィナーレを飾ります


あぁ~やっぱり「悲愴」は良いわぁ
いつか全楽章弾いてみたいですなぁ




02.ピアノソナタ第21番
「ワルトシュタイン」

ワルトシュタインは「熱情」と同じく
中期ピアノソナタの代表で
悲愴月光熱情とコレを合わせて4大ソナタという
人もいるぐらいの人気曲です


ワルトシュタインといえば第1楽章(こんな感じ↓)!!!


http://www.youtube.com/watch?v=XFy3-t-wI88


中期ソナタ特有の生命エネルギーに満ちた
輝かしい音色が良い味を出してます。


及川さんの力強く、ダイナミックな演奏によって
いっそう輝かしく音楽が再生されていきます


そして始まった第2楽章第2部(人によっては第3楽章とする人も)


あれ?! この楽章ってこんなに良い曲だったっけ??!


新発見です。


第1楽章以上に熱く輝かしい曲でありました。
やべーこの演奏のCD出ないかな・・・


03.「トルコ行進曲」の
主題による変奏曲

トルコ行進曲といえば、モーツァルトの
たらららら~ん たらららら~ん
たららら ららららららららら~ん♪
ってヤツが有名ですが(分かりにくいね)


ベートーヴェンの
ちゃん ららら ちゃん ららら ら~ん
ちゃららら ら ら らら ら~ん♪
ってヤツも有名です


そのトルコ行進曲の主題(サビ)が
いろいろと形を変えて出てくるというものです


初めて聴きましたが、なかなか面白い編曲だったと
思います。


04.ピアノソナタ第12番「葬送」
葬送は初期の表題付き作品ですな
あんまり演奏される機会は少ない
マイナーな曲だとは思います
(かわりに月光やってほしかったな~)


まぁ贅沢な注文ですが、
ベートーヴェンの演奏は、非常にエネルギーを
使いますからねえ
小休止ってヤツでしょうか


まあでも十分最終楽章とか難しそうですがね




05.ピアノソナタ第23番「熱情」
おそらくコレを聴くためだけに来たという観客も
多かったことでしょう。
ピアノソナタの最高峰
ベートーヴェンの熱情です!!


思い返せば、
俺が「この人、アツイぜ!!!!!」という
紹介をうけ、何気なく及川さんのCDを借り
そしてこの熱情を聴き、失神しかけた
あの日から、早数年・・・


ついに


ついに生演奏ですよ、奥さん!!!!


第1楽章は、相変わらずカッコイイですねぇ・・・
第3楽章が、真っ赤に燃え上がる情熱の炎だとすると
さいずめ、第1楽章は
地中をドロドロと蠢くマグマと言ったところでしょうか
徐々にエネルギーをためていき
第3楽章で噴火する
まさに火山!!!!!
sakura volcano!!!!! (←関係無い)


第2楽章は第3楽章をより劇的にするために
一役買ってるし
第3楽章は相変わらず、


たまらん!!!!!!


特に最後のプレスト(「急速に」という意味の音楽記号)の
和音連打!!!!!!!!!


熱情一番のフィナーレ
見せ場ですが、危うく口から魂が出るところでした


終わった後は、拍手喝采
拍手、拍手の雨あられ


特に最前列に座ってた女の人


あれは相当な及川ファン・・・


いや、及川マニアとみた!!


いつも一番最初に拍手してたし、
終演後はスタンディング!! 熱い!!!!
(↑ しっかりチェックしてる俺)


俺と同じニオイがするぜ・・・!!
やはりベートーヴェンは良い!!!!!!!


ただひとつ、不満が・・・
それは2階席音響悪すぎ
ってこと・・・


ピアノって反響版の向きから見ても分かるように、
音は前に飛ぶようになってるわけ。


だから、一番良い音はステージ前のちょっと後ろに
座ってる人の方にしか行かないってわけ


俺たちの座っていた2階席は、
そのおこぼれと、壁から跳ね返ってくる残響のみ


そのため、いまいち音の輪郭がハッキリしなかったな
低音もなんかブヨブヨしてたし
高音も遠い感じった・・・


まぁ、チケット買ったのが遅かったから
仕方ないんだけどね・・・


次回は気をつけよう!!!
しかし演奏は良い演奏だった!!!!!!!!


今回はアンコールはなし!!
熱情でパワー使い果たしたんでしょう
見てても、熱情に全エネルギー使い果たした感じでしたし
(演奏が終わって立つ時、気持ちフラフラしてた)


それだけ気迫のこもった演奏をして戴けた事は
むしろアンコールのために余力をのこした
手を抜いた演奏をされるよりかは
100倍良かったことだと俺は思います


(まぁアンコール聞きたかったけど)


とにかく素晴しい演奏でしたよ。
また熱情聴きたいですね~今度は音響良い席で!!





その後はGoteaと大阪、道頓堀で食い倒れ~

060528_182540.jpg



帰りに「なんば駅」近くの
チーズケーキ屋に寄る。
この店は前にユージとブラブラしてたときに
発見したんだよね~

060528_204108.jpg



ふわふわでウマイ、チーズケーキですわ。
大阪のこってりした味を清めるのに最適♪

ヴィルトゥオーソ

ピアノという楽器は
全部で88個鍵盤があり、
(まぁベーゼンドルファーは90鍵以上ありますが)


低音から、高音まで平均律によって
誰でも正しい音程をだすことができる楽器です。


かのフランツ・リストは
「すべての音楽はピアノで消化できる」といっています


その理由は88もの幅広い音域にあります
この広い音域がクラシックオーケストラの持つ
音域のほぼ全てを内包しているので、
西洋音楽のほとんどの曲は、
ピアノ曲に編曲して演奏することができるという
わけです


そして、音域の広さは
それだけ表現の幅も広げてくれるというワケです


さまざまなピアニストが
さまざまな表現を追及していくわけですが


その中で、テクニックというものに
興味を持つ人がいます


より速く
よりダイナミックに
そして華麗にピアノという楽器を鳴らしきる


そういう技巧派の演奏家は畏敬の念をこめて
ヴィルトゥオーソ
と呼ばれます


いつも俺が熱く語る
リストもヴィルトゥオーソです。


リストはそのすさまじい技巧から
「10本の手」でピアノを弾いているようだ
と言われました。




そして、現代――


もちろん現代にも凄まじい腕をもつ
ヴィルトォーソは存在します。


ひとり目は
マルク=アンドレ・アムラン


凄腕です。


ゴドフスキーという作曲家がいました
彼は、十分難しい、ショパンのエチュードを
さらに難しくした通称殺人練習曲
生みの親です。


こんな感じ↓
http://www.youtube.com/watch?v=1TE3vntUlz0


これはショパンエチュード最終曲
「大洋」を左手だけで弾くという
ものすごい変態的な曲です


この人はアムランではありません
難しすぎるので、何回か取り直しして編集したり
飛ばしたりしてますね


この曲をアムランは完璧にしかも的確に表現して
弾ききっています。


ヤバいですね
殺人練習曲、全曲弾ききってCD出してます
黒鍵エチュードと蝶々エチュードを
同時演奏
する!!!
なんて変態的な曲もあります。



もう一人は
ヴォロドスです


この人もヤヴァイです。


超絶マニアたちの間で有名な
リムスキーコルサコフ作曲・シフラ編曲の
「熊蜂の飛行」を弾きます!!!
CDも出てます!!! 一部↓


NEW.mp3


ヤヴァイですこれは!!!


ハナシによると、この曲
楽譜は真っ黒らしい。聴いてみるとわかります
これは黒いはずだ・・・


モーツァルトの「トルコ行進曲」も
編曲して弾いてます


あれ? 主旋律が3種類聞こえるぞ??
手は2本しかないハズなのに・・・




まだまだ、氷山の一角
世界には物凄い腕を持ったピアニストが
ごろごろいます。
ペトロフとかポリーニとかね・・・


シフラやホロヴィッツはもう死んだけど




本当にピアノという楽器は奥が深いです




では、最後にヴォロドスの演奏で
ラフマニノフのイタリアポルカをお楽しみください♪

http://www.youtube.com/watch?v=6lzxQP1cf08


最後の方とか笑うしかありませんね
観客のビビってる顔も印象的です


こんなに弾けたら楽しくてしょうがないだろうな・・・
うらやましい


あ、アムランのビデオもありました。
重いけど
http://www.youtube.com/watch?v=BFO1xT9ZPBY

正式ハタチ

え~というワケで
ハタチになってしまいました・・・。


勝手なアーティストさんと祝杯を
あげてます。

060523_000621.jpg



勝手なアーティストさんは
以前、うちのサークルに所属していたので
今年のメンバー紹介を書いた文集を
面白がってみています。


去年のこの日も勝手なアーティストさんと
カラオケ行きましたね~


いやぁ、まいどお世話になります


HAPPY BIRTHDAYメールもいただきました!!
ありがとう!!!!!

060523_002038.jpg



ということで
酒をのみます。ハタチになったので!!!


いつも誕生日はノンアルコールの
シャンメリーでしたが、今回はモノホンってやつです


アッシーに大人の仲間入りだね
と言われてしまった


これからは大人の自覚を少~~しもって
いきていきます


これからもアガペーをヨロシク!!!!!





そして


ついにカノジョがいないまま
ハタチを迎えてしまった・・・



ちくしょー!!!!!!!!!!

ハタチ

ついにこのときが・・・!!
あと数時間・・・


5月23日で俺はついにハタチになってしまう!!!!


Teenage喪失!!!!
Shock!!!!!!!!!!!!!!


もうオッサンやぁあああ!!!!!
年金払う年齢になっちまいましたよ・・・ぅぅ


すぐにでも
ネバーランドに行きたい!!!!!
マイケルじゃない方の!!!!!!!


あぁ・・・俺が幼い頃は
20歳なんて当分先のハナシだと思っていたけど


もうこんなに月日が経ってしまったのですねぇ(しんみり)


もうぼちぼち、同世代でも結婚し始める人もちらほら
出てくるわけか・・・


(まぁ中学卒業してサラリーマンのオッサンと結婚したっていう
強者もいるらしいけどね)




まあありのままの現実を素直に受け入れます・・・


しかし、ハタチすぎると誕生日来てもなんか
嬉しくなさそうだなあ・・・


人生の下り坂・・・


体力のピークもハタチから右肩下がりらしいし
飲酒喫煙もスタート!! (まぁ俺はやらんが)


あぁ・・・なんて不健康なんだ・・・
俺の夢の10代を返せ!!!!!!!!!



アガペー VS M大先生

最近はもっぱら図書館で
簿記2級の問題を解きまくってる毎日であります。


「商業簿記」はまだいいんだけど、
「工業簿記」がウザすぎ・・・


数学とかみたいな
閃きを使う問題じゃなくて、


どちらかというと、簿記ってパターンだから
暗記しなきゃならんのよ


それがまた・・・
複雑で
計算もあって・・・




あぁああああああウザイぃぃぃぃ!!!!!


発狂しそうだ!!!!!


図書館中を大声叫びながら走り回ろうかと
思ったが、そこは理性でなんとか抑える。


相変わらず図書館のあの沈黙は堪えるぜ・・・


かといってうるさいのも考え物だが
静かだと落ち着かない人なので・・・


やはり、途中でMP3プレーヤーの電池がなくなったのが
ヤバかった・・・


それまでは
CoccoとChildren of bodomの攻撃的な曲をBGM
若干頭揺らしながらノリノリで
簿記やってたのに・・・


Coccoが叫んだとたん充電が切れて
おじゃん。


おいっ!!!! せっかくCoccoのシャウトだったのに!!!!


一気にヤル気DOWNだわぁ・・・


萎えたので、図書館を出て、
本屋までからくりサーカスと
Get Backersの新巻
を買いに


なななななんと!!!
からくりサーカスは次巻で終わるらしい!!!!


ついに決着がつくのですな!!!!
とうことは、からくりは全43巻ということになるのですな!!


前作「うしおととら」も長かったけど、
今回もだいぶ長編となりましたなぁ~


しかし40冊以上も読ませてあきさせないストーリーは
素晴しすぎですね!!


お疲れ様です藤田さん!!!!




こうして、また清清しい気分になれたのですが
サークルに行って
またどん底に!!!!!!


というのも、今日はボイストレーナーの
M先生とマンツーマン指導されたのですね~


M先生といえば
サディスッティックな指導で有名なわけです


はっきり言って、あのお方と
広い部屋で二人っきりにになった時の
プレッシャーはすさまじいです


俺の前に、初めてM先生の指導を受けてた
新入生もビビっている様子でした。


あぁ・・・相変わらずだな・・・


M先生って人の顔覚えないからな~
と思ってたら、
いつの間にか顔覚えられてた!!!!!


そして始まる、シゴキの時間・・・


あぁ・・・ダメだしされまくり


そして最後に
「全然ダメだな、また火曜に来るから
それまでに完璧にしとけよ」

の有り難すぎるお言葉を!!!!


ひぃ!!
顔覚えられちまった以上逃れられねえ!!


あぁ・・・数日で
はたしてM先生のご希望されるレベルまで
上達できるものなのか・・・


上司に叩きのめされる部下って
こんな気分なんですかねえ

サイレントヒル4 クリア!!!!

クリアしましたよ!!!


いやぁ。最近、俺の中で
第2次ホラーブーム
がきちゃいまして
(第1次は中学生の時のバイオ2)


昼は大学生
夜は異世界を冒険



という生活を送っておりました


いやいや、電脳世界へ現実逃避してた
わけじゃありませんって・・・


異世界には行ってもそっちの世界の住人には
ならないように気をつけます、ハイ。


まぁ、ゲームの醍醐味は
主人公に感情移入して、
プレーヤーは主人公になりきって、その世界観を
楽しむことにあるわけですからね・・・!!!


ってことで、
俺は、今アガペーにあらず!!!!
無精ヒゲがダンディーで
無口でクールガイのヘンリーさ!!!!
HA HA HA!!!!!


・・・キモイな。
やめよう

20_1080163080_015.jpg



そしてこちらが隣の部屋の住人
アイリーン!!!!

20_1080163079_002.jpg



Yeah!!!! 包帯美人キタコレ!!!!


そう、美人の隣人ときたら当然!!!!
コレ!!!

20_1080164549_015.jpg





・・・・・・


なぜにノゾキが可能なんだ
このゲームは・・・(汗)


まぁ野郎どもが期待するようなシーンは無いけどさ




ノゾキなんかしてないで
ちゃんと謎を解きに異世界に赴きますよ、ハイ


そう、異世界には
キモイ敵がもっさもっさ湧いて出てくるわけですよ
ハイ。


まぁザコはうざいだけだからいいんだけど。


問題はボスゴーストってワケですよ・・・

20_1080163080_013.jpg


ずるずるずる・・・・


ヒッ!!!!!! 出た!!!!!

20_1080164549_013.jpg



さ・・・貞子!!???!!!


呪怨のカヤコに見えんこともないが・・・


ちなみにオッサンのボスもいます。


ハゲ+デブ、そして裸
という、まぶしすぎて直視できない!!!
って感じのゴーストです。


しかも必殺技はでんぐりがえりでの突進!!!


なんておちゃめなんだ!! おっさ~ん!!!!
彼にいたっては全然怖くありません。


しかしながら
このボスがまたウザイのですよ
(結局ウザイ)


オバケなもんだから、
壁貫通できるんですね~~


うまく撒いたか・・・


とおもったら、壁から湧いてて来るってワケですな(汗)


そう、こう来たら
昔も今もすることはひとつ!!!!


そう、逃亡です!!!!




そして俺は一陣の風になった――・・・・
アイリーンを置き去りにして・・・!!!!


建物の中にうまいこと逃げ込んだと
思い、冷静になって周りを見渡すと・・・


あれ?!! アイリーンがいねぇ!!!!


あわてて外に出ると、逃げ遅れたアイリーンが
ボコられてました(汗)


でんぐり返る裸のおっさんに轢かれる
アイリーン・・・・



すすすすすまねえ!!!!!
ただでさえ負傷してるのに!!!!!!


救出した頃にはすっかり血だらけに・・・(汗)


しまったぜ・・・
まさか夜の世界でもヘタレっぷりを露呈
してしまうとは・・・!!!!


その後も、敵を攻撃するつもりが
アイリーン
を殴ってしまったりと、災難続き。


まぁ、アイリーンは死なないから
大丈夫か~と思いそのままにしておいたのですね


お陰で、ラストダンジョンでは
すっかり痛々しいお姿に(汗)




そしてラスボス戦!!


なななんと、アイリーンが敵に操られて
一歩一歩なんか回転するのこぎりみたいなとこに
引き寄せられていくのですね。


アイリーンがのこぎりに到達する前に
ラスボスをボコらにゃならんのですが


ここで大ニュース


なんと、アイリーンがのこぎりに
到達する時間は、負傷度が大きいほど早いのですね。


ししししし・・・しまったぁああ!!!!




「あぁ、なんだアイリーンって死なないじゃん」
と思って
敵の盾にしたり、歩くの遅いから置き去りに
していた衝撃の過去がフラッシュバック!!!!!


ちょちょちょちょちょ
ちょっと待て!!!! 早すぎ!!!!歩くの!!!!


ラスボスは
エヴァンゲリオンの
アダムっぽいヤツ

に、これまた
ロンギヌスの槍っぽいものを刺す
という攻略法なのですが


槍を回収に行っただけで、すでにあと半分ってとこまで
のこぎり迫ってらっしゃるんですが!!!!


当然、間に合わず、アイリーンご臨終・・・orz




気合入れて2回目のチャレンジ!!!


無駄を省きまくり、槍回収!!
刺す!! 殴る!! やられる!! しかし負けん!!!!


ぐおおおおお!!!! 止まれアイリーン!!!!


そしてラスボス倒す。


アイリーン、あと一歩進んだらのこぎり炸裂してたところ


・・・あっぶねぇええええ・・・!!!!!


時限爆弾を残り時間0.01秒で解除した気分だわ!!


今回の反省点・・・
ゲームの世界でも気を抜かず
女性には紳士的な態度で接しましょう。


とりあえず、
無事エンディング見れました。


情報によると、クリア後の特典として
アイリーンがナース服になる
とか・・・!!!!


う~ん・・・・(汗)

及川さん来たる!!!!

以前及川さんの野洲でのコンサートの模様を
お伝えしましたが
詳細↓
http://iiyudana1001.blog42.fc2.com
/blog-entry-30.html



その及川さんが来たる5月28日(日)
ベートーヴェンコンサート
やります!!!!!!!


しかも大阪!! シンフォニーホールっすよ??!!!


こんなとこっすよ??!!?
http://asahi.co.jp/symphony/about/aboutj.html


ぐぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!


滅茶苦茶行きたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


しかも曲目は
ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」
ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」
「トルコ行進曲」による変奏曲 op.76
ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」
ピアノ・ソナタ 第12番「葬送」



だと?!???!!


ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


最高っっっ!!!!!!!!!!!!!


コレは聴かなきゃ
死ねないって感じですな!!!!!


月光がないのはいささか残念ではあるが


熱情・悲愴・ワルトシュタイン
あるっていうなら
十分すぎるってもんですよ!!!!


熱情は
言うことなし!!!!
もっとも熱く、聴くだけで全身の血が
沸騰するような、感情の爆発!!!!
素晴らしすぎる
全てのピアノソナタの最高峰!!!!


悲愴は
ベートーヴェンを襲い始める「聴覚を失う」
という悲劇!!
その苦悩が反映した曲!!
第1楽章の重く圧し掛かる主題(悲劇)
速度を上げ近づいてくる恐怖!!
第2楽章での安息
第3楽章での悲愴に満ちたハ短調の調べ
当時のピアノソナタとは
革命的な構成で、多くの作曲家にショックを
与えたという構成力は見物!!!


ワルトシュタインは
汽車が汽笛を上げ駆けて行くような
生命力と疾走感に満ち満ちた曲!!!
ベートーヴェンは暗い曲ばかりなんて
まちがっても言わせないぜ!!!!
悲愴月光熱情と、これをあわせて
4大ソナタということもあるぐらい
名曲であり、有名でもある。


他の
「トルコ行進曲」も聴いたことがあることでしょうし
ソナタ「葬送」は
第3楽章が「ある英雄の死を悼む」とされた
有名な葬送行進曲!!
暗い曲かと思いきや、実は「葬送」たるのは
第3楽章ぐらいで、第1,2,4楽章は軽やかで
爽やかな明るい曲!!


特に第4楽章がショパンのエチュードっぽい
運動性の高い曲




いずれの曲も共通して
『熱い』感じです!!!!!


ずばり『熱い演奏』をする及川さんには
うってつけ!!!


これは聴かねば!!!!!
ってことで、
誰か聴きに行きません??


まぁ一人でも行くつもりだけどさ
もし行きたかったら早めに連絡ヨロシクお願いします



参考までに音源が手に入る(試聴できる)サイト

MIDI(全曲あり)

http://www002.upp.so-net.ne.jp/
suzumidi/midi/beethovn/beethov1.htm



生音(♪マークのついてる曲だけ試聴可)

http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/
composer/beethoven/index.html

Nightwish

久々に音楽バンドの紹介
今回はNightwish!!!!

フィンランドのへヴィーメタルバンドです。


あぁ・・・またヘビメタね・・・


と思うこと無かれ!!
今回は今まで紹介したバンドとは
ちょっと違います。



今回のヘビメタのジャンルは
シンフォニックメタル!!


X JAPANの「Silent Jealousy」や「ART OF LIFE」
よりシンフォニックにしたカンジとでもいいましょうか


バンドサウンドと
オーケストラや合唱との
アンサンブルを軸としており
サウンドに交響曲やオペラなどと共通点がある
ところに特徴があります。


つまるところ
ヘビメタ+クラシック
(交響曲・合唱・オペラ)



ってわけですな。


そのため、すごく音に厚みがあり
表情豊かドラマチックなジャンルとなっています。



そりゃあ本来別々の存在の
バンドサウンドとクラシックが融合している
ワケですからねぇ。


使用する楽器の数からしても
スケールがでかいってわけですよ。


ボーカル
ギター
ベース
ドラム
コーラス
ストリングス
トランペット
フルート
ヴァイオリン
クラリネット
コントラバス
ハープ
・・・あぁ、もう挙げきれねえや。


とにかくスケールがでかいんですよ。


メタルもクラシックも好きな俺みたいな
人種にはもってこいのジャンルってワケですな。




そして、
このNightwishというバンドについてふれますと、


まず、ボーカルが女性
さらに、声楽を軸としたオペラっぽい発声
っていうか元オペラ歌手のため
シンフォニックメタルというジャンルとも
よく合っています。
そして、サブボーカルに男声を使用しており
ヘビメタとしての重厚感も失っていません。


そして肝心のシンフォニーの方ですが、
曲作りの方は、映画音楽から影響を受けており、
最新アルバムでは、なななんと!!
映画「ロードオブザリング」
を担当した交響楽団を使用

(ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、
アカデミー室内管弦楽団による編成の
ロンドン・セッション・オーケストラ)
しちゃってます!!!!


ロンドンフィルといえば他にも
ドラゴンクエストシリーズの交響組曲や
ゼノサーガシリーズのサウンドトラック


そしてX JAPANのリーダーYOSHIKIの楽曲の
オーケストラヴァージョンアルバム
なんかも担当してくれちゃってる
日本とも馴染みの深いイギリスの伝統ある
オーケストラですが、


このラインナップをみても
容易にドラマチックで
壮大なサウンドを奏でていることが
想像できそうですね。



オススメはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/exec/
obidos/ASIN/B0002CHOUA/qid=1147433700/
sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl15/
249-3049867-5821150



↑下から2番目のレビューの人がいい事書いてる♪


アルバム名『ONCE』


1.ダーク・チェスト・オブ・ワンダーズ
2.ウィッシュ・アイ・ハド・アン・エンジェル
3.ニモ
4.プラネット・ヘル
5.クリーク・メリーズ・ブラッド
6.ザ・サイレン
7.デッド・ガーデンズ
8.ロマンティサイド
9.ゴースト・ラヴ・スコア
10.クオレマ・テキー・タイテイヤン
  (デス・メイクス・アン・アーティスト)
11.ハイアー・ザン・ホープ
12.ホワイト・ナイト・ファンタジー (bonus track)
13.リヴ・トゥ・テル・ザ・テイル (bonus track)




特筆すべきは
1、2、3、4、9曲目!!!!


本当にメタルサウンドと
オーケストラが癒合
しちゃってます!!!


本当に違和感がないのですよ。


1曲目は、どきどきしながら
シンフォニックメタルというジャンルを
初めて聴く人を興奮の坩堝に叩き落してくれることでしょう。


2曲目は、オペラな女声とメタルな男声のカラミ!!
ベース・ギターのハードなリフに
シンフォニックなストリングス。たまりません。


3曲目は、2005年世界陸上選手権ヘルシンキ大会の開会式でも
演奏された大人気曲。
ピアノとオペラの透明感ある美しい音色と
ヘビメタが出会ってしまった~!!! って感じですかね


4曲目、イントロ、間奏部がかっこよすぎ!!
メタルVSシンフォニーって感じですな
またソプラノVS男声炸裂だす。


9曲目は、本当にヤヴァイ!!!!
めちゃくちゃ幻想的で美しくドラマティックな超大曲。
約10分だけど長いと感じる暇もなく
聞き入ってしまいますなあ。
オーケストラとの迫力ある凄まじい融合は、
もはや映画並の壮大なスケールと言えるでしょう!!


もちろん他の曲もいいですぜ!
6曲目とかね!!


そんな感じのNightwishのこのアルバムの
初動セールスは、
フィンランド、ドイツ、
ノルウェー、ギリシャでチャート1位
そのうちドイツでは80,000枚を突破。
(日本でいうミリオン。ドイツの人口8000万だから)


その後フィンランドでトリプル・プラチナディスク
ドイツでプラチナディスク
世界各国でゴールドディスクやチャート1位
ビルボード・ユーロチャートも1位
そして売り上げはミリオンセラーとなってます



とにかくヨーロッパじゃバカ売れ
ようですな。これからの活躍が期待されます。


あぁ、日本でも激しい曲が売れる時代が来ねえかなぁ


とにかくシンフォニックメタルの代表格です。


興味をもたれた方、南草津の
あのレンタル屋にも置いてありましたので
借りてみてくださいな。


まぁ。俺に声かけていただけば
普通に貸しますがね(笑)


いいですよ~これは

NEWアルバム!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!


キタキタキタキタキッキッキキキ・・・
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!




・・・とまあ、
2ちゃん風にトランスしてみましたが


ジッサイ、かなり
きてます。ヤヴァイです。


というのも、
まあ。まず、こちらをご覧下さい。

http://bz-vermillion.com/top/top.html





そう、ついに前作の「THE CIRCLE」
(詳細:http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_CIRCLE)


より1年ぶりとなるB'zのNEWアルバムだす!!!!



しかも、この予告編・・・


ちょっと聴きました奥さん?!!


きました、きました、きましたよ!??!!


怪しげなストリングスのイントロ。
そして、イナバシャウト!!


きてます、きてます、きてます!!!!


これだけのイナバさんのシャウトが
聴けるのは、
B'z唯一無二のハードロック/ヘビメタアルバム
「Brotherhood」

(詳細:http://ja.wikipedia.org/wiki/Brotherhood)
のギリギリchop(version51)以来じゃないっすかねえ


曲風もアルバム「brotherhood」っぽいし
今回のアルバムはきっと
濃厚なハードロックアルバムになるかもしれませんねぇ
アルバム名も
「MONSTER」と攻撃的な感じだし・・・。


激しい好きの俺にはたまらんばい!!


「OCEAN」や「衝動」もremix
されるそうで
欲を言えば、とり直して欲しかったですけど
しかしながら、どう変わるのかは
楽しみなところです。


さらにさらにさらに!!


アルバム初回版には
全世界に発信する
プレミアムライブ
への参加抽選権
だってぇ!!!???!!


しかも会場は大阪!!!!


フィーバー!!!!!!!!


ああ、はやく6月28日になれ!!!!!!


まぁ、その前に
6月7日にシングル「SPLASH!」
ですがね・・・


アルバム発売3週間前にシングル発売って
・・・どうよ?


販売計画した事務所が何考えてるか
ちょっと分かりかねますが
まぁ一足先に新曲が味わえるので
良しとしましょう。


先程、B'zファンサイトで
この「SPLASH!」のPVを拝見して
参りました。


アルバム「SURVIVE」の
DEEP KISSっぽいカンジの
早口系ロック!!!

松本さんのギターも
重い感じでgood。


そしてなにより
PVがマト●ックスっぽかった(汗)


今回はだいぶロック指向なカンジですよこれは
またたのしみが増えました!


はやく6月になれ!!!!

たまには女性ボーカルで♪

俺の音楽に対する懐は深い。


親父様から影響をうけての
クラシックに始まり
X JAPANやB'z、GLAYに魅かれたJapanese-HardRock
SEX MACHINEGUNSやHelloweenのような正統派メタル
チルボドやアークエネミーのようなデスメタル
仕舞にゃサークル活動で合唱、ピアノもやる。
もちろん男臭いものばかりではなく
J-POPの女性アーティストも少々たしなむ。


たしかに、短調作品の男臭いのが好物ではあるが
さすがに毎日聴いているのもシンドイものがある。


そこで、たまには
女性アーティストを聞いて癒されたいって魂胆ですよ。


アブリル、Cocco、ドリカム、ELT、ジュディマリ
ZARD、ZONE、愛内里菜、宇多田、上木彩矢、
倉木麻衣、中島美嘉、島谷ひとみ・・・etc.



これが、現在
家にある女声モノ


まあ厳密に女性アーティストとするより
女性ボーカルモノと言った方がいいかも
しれませんね。


しかし、ハッキリ言って
あんまり気にいてないのは聴いてなかったり
して、封印状態でお蔵入りしてるのも
あるんだけど、


お気に入りは
Cocco、愛内里菜
倉木麻衣、ZONE
です!




Coccoは沖縄出身のシンガーソングライターです。


沖縄出身アーティストといえば、
何かと、もてはやされ・・・もとい!!
人気ですが、彼女は別格です(俺のなかで)


抜群の歌唱力、透明で伸びのある声
絵本作家でもある、こっこの描き、歌い上げる
独特の詩の世界観。
絵本を読み奏でるような、その表現力


そして、時として女性ロックンローラーとしての
強烈な歌詞と、パワフルなボーカルは
他の女性ロックシンガーを卓越してますねぇ・・・。


俺の中ではNo1女性ボーカルです。


活動中止していて最近復活したのが嬉しい限りです
早くロックな曲を作ってくれ~!!!!
(魂の叫び)


オススメ曲は
『Raining』  『あなたへの月』 『けもの道』
『雲路の果て』 『寓話。』 『荊』 『焼け野が原』
『水鏡』 『星に願いを』





愛内里菜
なんといっても高音部の伸びですな。
激しい曲調を自在に歌いこなせる事もできて
バラード等の低音域にも表現力があって
実力派のアーティストと称され
音楽界からの評価も高いようです。


最近はトランス・ダンス系からハードロック系
音に変わってきているようですが
正直、俺は昔の愛内
つまり、トランス・ダンス系の頃の曲しか
聴いたことがないので、最近の曲については
なんとも言いがたいです。


ぶっちゃけ、昔の方が人気もあるみたいだしね。


名探偵コナンのオープニング曲
『恋はスリル、ショック、サスペンス』や
『I can't stop my love for you♥』
は聴いたことがあるという人も多いことでしょう。


野球中継の『FULL JUMP』とかね。



しかしながら
俺のオススメは
『NAVY BLUE』
『Forever You ~永遠に君と~』
『DEEP FREEZE』
ですね。 実に良い曲で、歌も上手いです。




倉木麻衣
立命生なら
誰でも知ってるだろうから、説明は割愛!!


・・・入学式にもでてきたしね。


倉木は有名曲多いけど
『Time after time~花舞う街で~』!!
・・・コレはイイですね~


『世界にひとつだけの花』のせいで
つぶされてしまった感はないことはないですが
それでも名曲に変わりありません。




そして、近頃、何気にハマってるのが
ZONE!!!!


一年前の4月1日に解散したんですね・・・
解散ライブはミュージックステーションで放送されました。
実は、そのMステ、B'zが『愛のバクダン』をやったので
録画していたのですが、


B'zが終わって、トリにZONEの解散ライブが
放映されました。


それまでは、ZONEはよくあるアイドルグループかと
思ってましたが、
ところがどっこい!
立派にギターを、ベースを、ドラムを叩いてるじゃあ
あ~りませんか。


女の人が楽器やるのってなんかイイよね
なんかカッコよかったです。


そして、解散後に発売したベストアルバムが
ZONE初のオリコン初登場1位になったそうな。


きっと俺と同じように思った方が多かったんでしょうなぁ


俺もベスト聴いてみました
(レンタルだけどね)


さすがに初期の頃の曲は
なんか「若い」な~ってカンジがするけど。
(まだ中学生だな~ってカンジ。)


しかし、最近の曲はイイっすよ?!


一番有名で解散ライブでも流れた
『secret base ~君がくれたもの~』
これは、歌詞もメロディーもイイです


他にも
『白い花』
『H・A・N・A・B・I~君がいた夏~』
『卒業』
とかもよさげ。


そして、俺的ベストは
『旅立ち…』!!


ベストアルバムの2枚目にぽつんと
入ってるこの曲。


メンバーひとりひとりが
それぞれ歌ったバージョンが収録されてます。
微妙に違っていて聞き比べも面白いですな。



曲の方はと言うと


オルゴールっぽく始まるイントロ
回想するように伸びやかに歌われるメロ
不協和音が表す旅立ちの不安。
しかし力強く歌われるサビ・・・



これは女性の曲での久々のヒットだす!
(↑∵不協和音好き)



やはり、男らしい曲もいいけど
女性ボーカルもいいですな~と思う


何か他にもオススメがあったら教えてください!!


以上、今回は女性ボーカル特集でした。
来る簿記検定の受験勉強の息抜きのつもりが
また長文になってしまった(汗)


はやく寝なくては(汗)


サークル練習もあるしね~
今年は忙しそうだ・・・



黄金週間

黄金週間、帰省して参りましたよ~!!


今年もあっという間に過ぎてしまった
黄金週間でありました


・・・っていうか
週間っていうほど休みも無いケドね・・・。


初日は
同じサークルのO氏のNEWメガネ
買いに(複)さんと京都・四条へ


俺はよく行くメガネ店を紹介したぐらいで
(複)さんにアドバイスを任せてしまった感が
あったので、そこは反省すべきところです


しかし、それには理由がありまして・・・


実は俺が四条についていったのには
もうひとつ、目的がありましてですね・・・


実は、今度の6月11日に
前回不合格だった
簿記2級のリベンジをすることに
なったので、


資格の学校TACに
講座を申し込みに行かなければ
ならないのですね~


直前講習
1講義が5時間




・・・オイオイ




悪いが、受験勉強ですら
1日5時間の学習なんて
そうそうしたことがなかったぜ?(本気)


どうやら5月末から6月上旬までは
血反吐を吐く日々が続きそうな予感だぜ・・・


くそう、
『俺の辞書には後悔の文字は無い』
と謳いたいところだが


・・・今回ばかりは後悔しそうだぞ。


悟空にやられて、吹っ飛ばされるクウラの如くな!


まあ、ジッサイ
今回落ちたら後が無い、背水の陣の
受験生のような状況なので、今回はマジメにやらんとなぁ・・・




さて、その後
いつものように新幹線で豊橋駅まで
列車内で駅弁を食う
やっぱ京都ならば和食だろ!!


ってことで京都料理の駅弁を買ってみる。
京都料理なんて味が超薄くて年寄り臭いなんて
バカにしてたら大怪我するぜ!!


19歳と11ヶ月にして、このアガペー。
京都の味の魅力に気付いてしまった・・・


京都料理、美味いです。
ナメてました、すんません。


味薄いのは、素材の味を十分に引き出すための
ものだったのですね・・・


オススメは祇園なんちゃらって駅弁です。
メモってないので名前忘れました
すんません



帰省後、先に帰っていたユージと
みかん祭りを執り行うことを決める。


もちろんみかんは「みかんのうた」のことだぜ?




そこで、メンバーにKを呼ぶ
Kは東京の大学に進学したそうで、
今回は久々のカラオケとのこと。


Kと俺は、ロックと音響について語り合う同士なので
再開が楽しみですわい。




そして当日・・・



K
 「あ~久しぶり~」



 「おおぅ!! めっちゃ久しぶり~
  これHELLOWEENってバンド! 聴いてみて!!」



(さっそく布教する俺)


K
 「わぁ、最近タワレコ通ってなかったから
  嬉しいわぁ、さっそく聴いてみるね!」



 「いやぁ。めっちゃいいからさ!しかし
  かわらないね!Kちゃん!!」


K
 「そう? メガネ新しいの買ったぐらいだよ?」




(そう言って彼は、まさに買ったばかりのメガネを
買い物袋から取り出す)



 「おおう!! まさに買いたてホヤホヤじゃん!!」


K
 「さっそくかけようか?」



 「いや、やめたほうがいい
  ユージのヤツが発見したら、
 絶対取り上げて
 おNEWのレンズに指紋ベッタベタにつけるから!!」


K
 「あ゛あ゛!! そうだね! 隠しておくよ!!」



そう、ユージは高校時代
Kのメガネを指紋祭りにしたことがあるのだ・・・!!


まさに、暴君。鬼畜。ジャイアン。



そして、ユージはというと
待ち合わせの時間に来ない・・・!!


(まぁお陰でKのメガネは救われたのだが)


遅いので、先に入っておくことに





 「遅刻魔には正義の鉄槌を食らわすとしよう!!」


そういって俺はフロントに電話をかける・・・



 「ドリンクの注文お願いします。
  ウーロン茶とオレンジジュース
  あと、梅昆布茶をヨロシク!!!」


そして、遅れること20分。


ユージが現れる。




ふはははは!! さあ喰らうがよい!!
俺たちのジャスティス・ハンマーを!!!!


そして二度と梅昆布茶が飲めない体にしてやるぜ!!!!


しかし、以外にも
ユージは何の抵抗もなく、
梅昆布茶を飲み始める!!!!


しまった、案外、好物だったのか?!??!!




ユージ
 「・・・濃いな、コレ。飲んでみ?」


そう言われ、俺も飲んでみる。
・・・確かに濃い。


ハッキリ言って、ノドを潤そうと思って
飲んでも、逆に返り討ちにあう濃さだ!!


ふむ。これならば、鉄槌になるかもしれん――


そう思って、自分のウーロン茶で
ノドを潤そうとすると・・・



 「な!! 俺のウーロン茶がなくなってる!!!」


ユージ
 「あ? ウーロン茶は俺のだろ!
  梅昆布茶がお前・・・な?」



どうやら、俺に飲ませたのは
俺のウーロンを奪うためのフェイクだったようだ


シット!!
こんな典型的な陽動作戦にひっかかるとは!!!!


鉄槌失敗――


まぁ、いいさ。いつか償ってもらうとするか


そして、みかんを熱唱!!!


俺たちの発する爆音はカラオケ屋の外の
大通りを爆走する車どもより喧しく
フロア中に響き渡ったとさ。




ふう・・・やはり、マシンガンズは良い!
久々のシャウトに満足する俺たち。


Kにも「前より歌うまくなった」といわれ
サークルの練習の成果がでてるのかな?
とちょっと嬉しくなってみたり。




その後、Kは帰り
結局、また俺とユージという組み合わせで
メシを喰いにいくことに――。



 「どこに喰いに行くんだよ?」


ユージ
 「俺の女の働いてる焼肉屋だ!!」



 「・・・・・・」


ユージ
 「・・・・・・」



 「・・・今ナンテ言ッタ?」


ユージ
 「俺の女の働く焼肉屋だ!!」



 「瞬・獄・殺!!!!!


ユージ
 「がはははははは!!帰宅部の貴様が
  元剣道部主将の俺にかなうものか、
  いやかなわない!!


  見るが良い!!これがプリクラだ!!」



(見ると、ケータイにはられた
ユージと女人がイチャイチャとした
バカップル(?)丸出しの恥ずかしい写真が!!!!)



 「ぐああぐああぐああ!!!!(←エコー)」


ユージ
 「笑止!!



K.O.!!!!!




・・・またもや迎撃されてしまった・・・。


この黄金週間では地元浜松は
浜松祭り真っ盛り!!!
市民60万人規模で巨大凧揚げたり↓

46.jpg



“練り”をしたり↓

45.jpg



するってワケですが、ユージは
その祭りで、オナチューのその女人と
逢って、こうなったらしい。


チクショウ!!
俺も女人と祭りでイチャつかせろ!!!
(魂の叫び)


抵抗むなしく
その女人のいる焼肉屋で晩飯を食うことに

060505_193622.jpg




↑珍獣目 鬼畜科 ジャイアン属『ユージ』
・数々のジャイアニズムで悪名高い
・ぱっと見ヤクザ。よく見るとチンピラ
・勝ち誇ったようにして肉を喰らう


※エサを与えないで下さい
奇声を発しながら暴れまわります。






チクショウ
肉が目から溢れる汁のせいでしょっぱいぜ!!


まぁその女人のお陰で
代金がだいぶ安くなったらしいので
感謝するとしましょう。
サンクス!!


「では、俺はこれから祭りで
またハッスルするとするわ!!! じゃあな!!
がはははは!!!」


という会話を交わし
みかん祭りは幕をとじた・・・。


チクショウ!!
今年の黄金週間はすんごい敗北感が
満ち満ちてしまったぜ!!


いつか・・・いつか
ヤツに報復したい。


だが、いつも返り討ちにある。そんな運命。


まあ、相変わらずのアホなやりとりは
面白かったけどね!!


・・・さて
簿記(むしろ真の敵はコレ)・・・がんばるか・・・はぁ。

暑いです 夏です ホラーです

今日、5月になったかと思いきや
さっそくやってくれちゃいましたね~


静岡県では
30度突破
7月下旬並みの

暑さだとか・・・


オイオイ、まだ5月だってのに
とばし過ぎじゃないですかね?


今年の夏もヤヴァいことになりそうだぜ・・・


静岡県に住んでいながら
暑いのは大嫌いです。


だから夏も大嫌い。
夏だけ北海道か長野に引っ越したい・・・
マジで(泣)


だが、夏の風物詩は大好きだぁああ!!!!


海!!
すいか!!
祭り!!
花火!!
そして浴衣美人!!!!


ぐぉぉぉ!!!
今年こそは浴衣美人と夏祭りしてぇ!!!!


・・・まあ。現実はヤロー同士で
爆竹・ロケット花火合戦ってのが関の山だろうけど




さて、夏と言えば
欠かせないものが、もうひとつありますね?
(まあ、まだ夏じゃ無いけど)




そう、ホラーです。



そう、こんな暑い日こそ
まさに、肝を試して
涼しくなる時!!!!


ということで、さっそく
肝試しじゃぁあああ!!!!!!




今回のゲームはこちら


SILENT HILL4「THE ROOM」

img10071426935.jpg



【ストーリー】
主人公のヘンリーはアッシュフィールド市の
とあるアパート302号室で平凡な日々を過ごしていた。
しかしいつしか彼は不気味な幽霊の夢を見るようになる。
そして悪夢が続いたある朝、
部屋の外に出ることができなくなってしまった…。


ドアも窓も開けることも、壊すこともできず
外に声も届かないない。
そんな状態が続いて5日目
バスルームに突如、穴が現れる


彼は、その穴に入ることをためらわなかった・・・





まあ、よくバイオハザードと比較されますが


ジッサイ、キモイ敵が出てきて、
戦い、あるいは逃げながら
脱出あるいは事件の謎を解くといったところは
似ています。


なので、あえて差をつけるとするならば


バイオハザード: アクション重視
サイレントヒル: ホラー重視



といったところでしょうか。
本当に微妙な差ですがね・・・




そして敵のほうと言えばこんなカンジ↓

tekisyoukai.jpg



左の犬は
やたら速いですねぇ・・・
でも、案外平和ボケなヤツです。
刺激しないように
そ~っと静かに側を通れば襲ってきません。
ってゆうか、床に寝転がって
寝てます・・・いいのか?それで・・・



真ん中は
ゾンビじゃなくてゴーストです。
ゾンビだと某ゲームと被るからなのかは
しらないけど
ゴーストも結構キモイです。
そしてゾンビの数倍速いです。
しかし、ゾンビ以上にアホです
動きが単調なため、めったに捕まりません
でも不死身です、殴っても殴っても
起き上がってきます。
ジョーもビックリです。
無視に限ります。


右の、千と千尋の神隠しに出てきたようなヤツ
なかなか速く力も強いです
この中ではこいつが一番やっかいですね


この他にも
色んな敵がいますが
敵の質を問うと、バイオのほうが上ですね。


初めてバイオ4やったときの
村人の怖さは生涯忘れないことだろう。


では何がバイオに勝っているのかといったら



・・・・・・キモさですかね


ステージもバイオ1の古い洋館みたいな
カンジで薄暗く、視界が悪いし
死角も多く、
先進みたくねぇ~・・・
ってカンジMAXだし。


いたる所に血やら肉片やら
変な生き物(ミミズのようなヒルのような・・・)
が垂れてるし(泣)


そして一番ビビるのは
です


このゲームにはBGMがありません。


その分、敵の出す音とか
足音とか、ドアのきしむ音、
血の滴る音
どこからともなく聞こえる
泣き声、笑い声、うめき声・・・etc.
なんかが目立って
自然な臨場感があります。


(ステレオのサラウンドでやってるので特にね)


あまりに臨場感あるので
ゲームじゃない日常の音とも
混同してしまいます


うぉおおおおおお!!


という叫び声がしたので、


俺はビビリまくって
「敵か?!!!?!!」


と思ったら、
隣の部屋の例の怖い兄ちゃんの叫び声でした(汗)


・・・寿命が10年は縮んだぜ。




さて、ストーリーの方ですが
主人公のバスルームにできた穴は
魑魅魍魎どもが跋扈する異世界へと
つながっていて
なぜ部屋に閉じ込められたのかを
探っていくことになります


異世界には、他のマンションの住人も
迷い込んでいたりしています


全体的にオカルト的なところも
絡んでいてストーリーはなかなか面白いです
(まだクリアしてないので詳しくは書けませんが)


そして、ところどころ
やっぱりキモイです。


部屋中血まみれで人が倒れてたり
人が燃えてみたり
部屋に入ったら人が電気椅子で痺れてたり・・・orz


血が苦手な方はちょっと
無理かもしれませんね。


まあ夏はホラーを満喫するとしますよ。


あ、ちなみに
このサイレントヒル。


先週ぐらいに映画がアメリカで公開されて
大ヒット中らしいっす。


日本で公開されるのは
それこそ本当に夏ぐらい・・・か?





そして、さらに関係ないけど
サイレントヒルって
日本語に直すと「静岡」だよね。


・・・なんかイヤだな

†Counter†

† † † † 

現在の閲覧者数:

†Author†

Agachang

Author:Agachang
[年齢] 27
[性別] オス
[特徴] エロメガネ
     ロック狂
     ピアノバカ

†Comments†
†Diary†
†Link†
†Archive†

†新刊コミック†

Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。